情報調査部

広報セミナー(開催レポート) 広報セミナーとは

エグゼクティブのための

「危機管理・広報」講座

日時:2012年8月7日(火) 13:00〜17:00(17:00〜18:00 名刺交換)
2012年8月8日(水) 10:00〜17:00
会場:日本記者クラブ 大会議室

広報担当役員や部・室長に求められる緊急時のマスコミ対応を学ぶ特別セミナー「エグゼクティブのための『危機管理・広報』講座」を8月7、8日の両日、東京・内幸町の日本記者クラブで開きました。

危機管理をテーマとするセミナーや個別企業向けメディアトレーニングで実績を重ねてきた弊社が、広報責任者必須のスキルを磨くために厳選したプログラムで構成しました。緊急時のマスコミ対応の基礎からエグゼクティブとして必要な実践的な広報ノウハウまでを網羅したセミナーです。演習として好印象を演出するための個別ビデオトレーニングも行いました。

事件・事故対応の体験談が有益だったパネルディスカッション
事件・事故対応の体験談が有益だったパネルディスカッション

2日間にわたったセミナーでは、マスコミサイドから産経新聞の飯塚浩彦取締役編集局長と斎藤浩社会部長、フジテレビ・時澤正経営企画室デスク担当部長が、それぞれ記者の気質や取材姿勢、最近の企業事件における広報対応やテレビ取材への対応などを分りやすく説明。また、危機管理コンサルタントの山見博康氏が、事業継続計画(BCP)のための実践危機対応をスクープ記事への他メディア記者からの突撃インタビューに対応する演習を交えながら講演しました。パネルディスカッションでは、現役の広報責任者である花王・坂倉隆仁広報部長、鹿島建設・岩本豊広報室長、帝人・宇佐美吉人広報室長が、実際に遭遇した事件・事故対応を詳細に紹介。弊社・山本ヒロ子広報アドバイザーは緊急時と平時の適切な情報発信を講演しました。

第三者の眼で映像写りを点検するビデオ撮りトレーニング
第三者の眼で映像写りを点検するビデオ撮りトレーニング

今回の目玉プログラム「テレビインタビューを想定したビデオ撮りトレーニング」では、参加者一人ひとりが個別に7分ほどの枠で記者インタビューを受け、その模様を撮影。録画をモニーターに写しながら、講師が「目線を上げる」「笑顔で感情を出す」といった具体的なアドバイスを行いました。参加者からは「ビデオ撮りトレーニングは第三者の眼で点検する良い機会となりました」など、の感想が寄せられました。

――以下、参考用に今回のセミナーの御案内を掲載しています――

新任の広報担当役員、広報部長といったエグゼクティブの方々のために、 産経新聞、フジテレビ幹部などが講師を務める特別講座です。

<本セミナーの特徴>
  • 危機管理のための広報の重要性を体得する
    • 事件・事故時の広報はマネジメントに直結
    • 大規模な災害に備えた事業継続計画とは
  • 緊急時のマスコミ対応を学ぶ
    • 平時と緊急時のメディアの動き、取材姿勢
    • “その時”にあわてないメディア対応
    • 広報担当者は、どのように取材対応したか
  • 好印象を演出するビデオトレーニング
    • インタビュー画像の印象が会社イメージを決める
    • 好印象を演出するコメントの仕方・態度をチェック
    • 伝えたいことを短い時間で正確にメッセージする演習
テーマ エグゼクティブのための「危機管理・広報」講座
テレビインタビューのトレーニング付き
日 時 2012年8月7日(火) 13:30〜17:00、8月8日(水)10:00〜17:00
会 場 日本記者クラブ 大会議室 map
千代田区内幸町2-2-1 日本プレスセンタービル9階

Tel.03-3503-2721(代表)
参加費 一般=88,000円
フジサンケイ広報フォーラム会員=78,000円
(各税込み)

プログラム

【プログラム】(8月7日)
13:00〜
14:00
「マスコミはどう動くか」
―新聞記者は何を考え、取材しているのか
【講 師】
 産経新聞東京本社 取締役編集局長 飯塚浩彦 氏
14:00〜
15:00
「緊急時のメディア対応」
―平時・緊急時の適切な情報発信
【講 師】
 (株)エフシージー総合研究所 広報アドバイザー 山本ヒロ子
15:00〜
15:15
コーヒーブレイク(15分)
15:15〜
17:00
パネルディスカッション「事件発生、そのとき広報担当者は」/Q&A
―ベテラン担当者が経験則からアドバイス
【パネリスト】
 花王(株) 広報部長   坂倉隆仁 氏
 鹿島建設(株) 広報室長 岩本 豊 氏
 帝人(株) 広報室長  宇佐美吉人 氏
【司会】
 (株)エフシージー総合研究所 広報アドバイザー 山本ヒロ子
17:00〜
18:00
名刺交換会を兼ねた懇親会
【プログラム】(8月8日)
10:00〜
11:30
「大震災・異常気象に対処する事業継続計画(BCP)」
―災害発生に備えて取り組まなければならない重要事項
【講 師】
 広報・危機対応コンサルタント
 山見インテグレーター(株) 代表取締役 山見博康 氏
11:30〜
12:30
名刺交換会/昼食
12:30〜
13:30
「マスコミから見た緊急時広報」
―最近の企業事件と広報対応
【講 師】
 産経新聞編集局社会部長 斎藤 浩 氏
13:30〜
14:30
「テレビ報道と広報」
【講 師】
 フジテレビ経営企画局経営企画室デスク担当部長 時澤 正 氏
14:30〜
14:45
コーヒーブレイク(15分)
14:45〜
16:00
※テレビインタビューを想定したビデオ撮りトレーニング
―受講者に講師がインタビュー(テーマ:担当業務の内容。想定される 事件・事故。緊急時の広報体制)カメラクルーが撮影(1人7分ほど)
16:00〜
17:00
「ビデオ撮りトレーニングの講師とインタビュアー」
【講 師】
 フジテレビ経営企画局経営企画室デスク担当部長 時澤 正 氏
 産経新聞編集局社会部長 斎藤 浩 氏
【インタビュアー】
 (株)エフシージー総合研究所 シニア研究員 藤野克己
※テレビインタビューを想定したビデオ撮りトレーニングの内容
受講者お一人ずつのインタビュー模様をビデオ撮りして、その内容を講評いたします。 インタビューのテーマは担当する業務の内容や想定される事件・事故、緊急時の広報体制 などを予定。トレーニング時間はお一人7分ほどです。
〔ビデオ撮影スタッフ〕
フジテレビグループのテレビ番組企画制作会社・(株)バンエイト報道センター技術部副部長 伊藤雅彦氏ほか。

お申込み受付中のセミナー

広報セミナーとは

当研究所では、広報活動に関するさまざまなセミナーを開催しています。セミナーのテーマは、危機管理からニュースリリースづくりなど、幅広く展開。主なものに「事件と広報」「製品回収事件と広報」「インターネットのリスク管理」「新任広報マン夏期講座」「何がニュースになるか」「戦力としての広報ウーマン」「読まれる社内報づくり講座」などがあります。
情報調査部の業務案内はこちら

▲PageTop