フジテレビ商品研究所

今までの研究レポート

生活習慣病予防講座

生活習慣病予防講座

ウェーブ産経東京 健康サロン「生活習慣病予防講座」でIPM研究室の大戸がモデレーター(司会進行)を務めました。

産経新聞料理面連載「おいしく元気に生活習慣病講座」の書籍化を機に、まずは大阪でウェーブ産経大阪 第一回健康サロン「生活習慣病講座」が9月13日に開かれ、連載を担当した大戸一恵(IPM研究室 主任研究員)が講座内容を構成してモデレーター(司会進行)を務め、新聞掲載の裏話も披露。大阪での大好評を受け、今回は東京での開催となりました。


日 程

2004年12月7日(火) 18:00 ~ 19:30

会 場

産経新聞東京本社

講演内容

「おいしく食べる楽しくはかる生活習慣病講座」の本をテキストに、監修の池田理事長が生活習慣病の元凶は肥満にあると解説し、予防のポイント“一無(禁煙)二少(少食、少酒)三多(多動:運動、多休:休養、多接:多くの人、事、物に接する)”を提唱。

また理事長の「一日1万歩は歩くか60分の運動で、300kcal消費してほしい」との話に対して「300kcalは、新聞掲載のレシピ“ドロップクッキー3枚分”、ケーキ1個、アイスクリーム1個とほぼ同じ。食べるのは簡単ですが、運動はかなり大変ですね」とテキストのレシピを大戸が紹介。

テキストのレシピ おいしく食べる楽しくはかる生活習慣病講座

さらに「『運動で300kcal消費する』という記事と料理をどう結びつけるか…悩みました。そしてひねり出したのが“ドロップクッキー”」という料理面ならではの苦労話も。

参加者は「肥満体質のチェックリスト」「食生活のチェックリスト」で健康状態を見直したり、理事長お奨めの“朝食メニュー”で、野菜、乳製品、大豆製品、食物繊維などをしっかりとるコツを伝授され、熱心にメモをとっていました。

改めて健康への関心の深さを目の当たりにし、今後も健康に役立つセミナーや講座を開催できればと思いました。


(2005.01.11 IPM研究室)

▲PageTop