エフシージー総合研究所・フジテレビ商品研究所

2008年研究発表

日本マイコトキシン学会第63回学術講演会

日時と場所: 2008年1月11日 国立博物館・新宿分館
発表演題と発表者: -国内で起きるカビ毒汚染 -その実態と防御-
ぶどう園等におけるSection Nigri の分布と分離株のオクラトキシン産生性
横山耕治1)・川上裕司2)・大橋正孝3)・陰地義樹4)・久米田祐子5)・髙橋治男6)
1)千葉大学真菌医学研究センター・2)(株)エフシージー総合研究所
3)奈良県生活環境部・4)奈良県保健環境研究センター
5)大阪府公衆衛生研究所・ 6)千葉県衛生研究所

要旨

Aspergillus Section Nigri によるオクラトキシン汚染の可能性は、1998年タイ国における保存 green Robusta Coffee豆で示され、この汚染は保存の管理により軽減されることをPeter B.らにより報告されている(1)。その後、2001年ブラジル産コーヒー豆からオクラトキシンA産生菌が分離され、A. ochraseusA. niger とされた(2)。2004年アルゼンチン市場の干しぶどうの75%でオクラトキシンA(OTA)が検出され、Section Nigri の中の62株(28%)が、また、A. carbonarius の82.6%がOTAを産生したと報告されている(3)。2006年オーストラリアのブドウ製品の調査が報告され、ワインでのOTA検出頻度、汚染レベルも低いと報告された。分離菌の多くはA. niger であるがOTA産生株はほとんどない。A. carbonariusは第一のOTA産生種であると報告している(4)。一方、ヨーロッパの広範囲に及ぶワインのOTA汚染も、A. carbonarius によるものと推定されている。

本邦においては国内で流通する市販食品についての汚染実態調査がなされ(5,6,7)、微量ながら国産ワインからも検出が報告されている(7)。しかしながら、Section Nigri の分布やその分離株のOTA産生性については、これまで報告が全くない。特にぶどう園やワイナリー製造環境における調査は重要と考えられる。そこで、山梨県のぶどう園やワイナリーでのSection Nigri の分布と分離株のオクラトキシン産生性について調査した。

今回の調査で、OTAを産生するA. carbonarius は、ブドウ園土壌、浮遊菌で検出頻度がきわめて低いことが示された。このことは、本邦では果実などの農産物への汚染頻度も低いと考えられる。しかしながら、オクラトキシン産生A. carbonariusが、本邦においてもワイナリー製造環境を含め現実に存在することは、収穫からその後の品質管理には充分注意が必要であることを示している。

環境科学研究室では、「ダニ」「カビ」「微小昆虫類」「抗菌性評価」など
室内環境の有害生物の研究・調査に対応いたします。

【室内環境生物分野の試験および研究】
  • 室内環境中で健康被害を及ぼすダニ・微小昆虫類・カビなどの研究
  • 喘息やアトピー性皮膚炎などのアレルゲンとなる生物の研究
  • 大学や国公立の研究機関との共同研究
  • 空気清浄機の除菌性能評価、抗菌素材の性能評価などの商品実用試験
  • 異物混入検査

▲PageTop