112

ポーラ
美容液「APEX セラム」

2020.06.22

最新記事肌ケア成分 住環境の影響予測して配合

 古今東西、美しい肌は全女性のあこがれと言っていいだろう。今回の「これは優れモノは」日本女性の肌に関する膨大なデータが生んだスキンケア商品について取材した。

APEX

30年以上のデータ活用

 「季節の変わり目に、肌の不調を訴える女性が増えています」と話すのは、ポーラ商品企画部で開発を担当している鈴木若葉さん。花粉の季節になると肌アレが起きたり、日照時間が長くなる時期に肌のくすみやニキビが悪化したりなどの不調を訴える声が多いという。
  「運動で肌のバリア機能が高まるという実証結果もあります」と鈴木さん。筋肉に刺激を与えることで、肌のシミやシワを低減させる効果があると説明する。  同社がこのような調査や検証を行えるのは、過去30年以上にわたり、1870万件に上る日本女性の肌分析を行い、膨大なデータを保有しているから。毛穴やシミなどの肌に関する定量的なデータを過去にさかのぼって保有している企業は、世界でも稀有という。
 ところで、スキンケアという習慣はいつから始まったのだろうか。具体的な時期は詳らかではないが、日本ではおよそ4万年前の旧石器時代までさかのぼると類推されている。川や湖の水で顔や体を洗ったり、暑さや寒さから肌を守るため、獣の脂を塗ったりしていたことがスキンケアの原点と考えられている。
 湖池屋創業者の小池和夫が、ポテトチップスに出合ったのも友人に連れられ行った飲み屋だった。この味に感動した小池は、一般には流通していなかったポテトチップスの量産化を目指した。
  世界に目を転じると、古代ギリシャ、エジプト時代には保湿や血行を良くし、美肌を保つ方法として、オリーブ・オイル、牛の乳、ハチミツ、塩などが用いられた。かのクレオパトラは、ミルクや塩の風呂に入っていたという説もある。
 日本でも江戸時代には、鶯のふんやヘチマのつるから採った液(ヘチマ水)をスキンケアに用いていた。実際、ヘチマ水は、ビタミンCやペクチンを含んでいて、現代でも化粧水として販売されている。
   明治期以降になると、西洋から肌の汚れや皮脂をとる石鹸やクリームが輸入され、西洋医学を取り入れた化粧水が次々と発売された。以後現代にいたるまで、様々なメーカーが、時代のニーズに合った商品を提供してきた。

862万通りから最適化

 戦後、数多ある化粧品会社の中で、ポーラは訪問販売を通じて、顧客の細かなニーズをつかみ急成長した。1989年には、顧客一人ひとりの肌に適した商品を提供する画期的なオーダーシステム化粧品「アペックス・アイ(現アペックス)」をリリースした。
 昨年、発売から30周年を迎え、顧客の肌診断に動画とAI技術を用いた業界初の肌分析技術を導入。クレンジングからファンデーションまで7つのスキンケア商品をリニューアルし、顧客の肌の状況などによって、862万通りのケアパターンの中から最適の商品を選べるようにした。
  さらに、今年7月から発売する美容液「APEX(アペックス) セラム」シリーズ3品は、肌の状況に加え、顧客の住んでいる地域の環境が肌に与える影響を予測し、そのケアにあった成分をそれぞれ配合している「優れモノ」だ。
 「「環境が及ぼす肌への影響を予測し、事前にケアするというこれまでにない商品です」と鈴木さんは自信をのぞかせた。

interview ポーラ
商品企画部開発担当  鈴木 若葉 氏

気象協会と提携、アプリで肌を随時確認

気象データを活用した

 30年以上にわたり、個々人の肌の状況を分析し、その方にあったケアの方法や商品をアドバイスしてきた。長年の研究から、住んでいる地域の気象環境で、肌が影響を受けることが分かってきた。現状の肌分析データに地域の環境変化を掛け合わせて、未来の肌トラブルを予測し、それをケアするためのプランを提案する。日本気象協会と提携し、全国を52の地域区分に分けて予測し、顧客がスマートフォンを通じて自分の肌状態や必要なケアプランを随時確認できるアプリも提供している

環境が肌に与える影響とは

 気圧が低下すると自律神経に乱れが生じて血行不良が起こる。その結果、肌の明るさが低下する「環境くすみ」の要因になる。また、黄砂やチリ・ホコリ、花粉などが舞うと、毛穴がつまり「環境ニキビ」となる。また、乾燥シーズンには肌のバリア機能が低下し、肌荒れなどの「環境敏感」といった言ったものだ。住んでいる地域の日照時間や気圧など、刻々と変化する気象条件に合わせて、「環境注意報」とそれに伴いどんな肌トラブルの注意とケアが必要なのかを示す「環境ケア必要度」の予測を分析技術に導入している。

肌分析などはどのように

 当社には全国に約4万1千人のビューティーディレクターと呼ぶ、美容の専門部員がおり、この部員らが個々人へのアドバイスなどを行っている。「APEX」の販売に関しては、この部員の中からさらに特別な研修や試験をパスした資格保有者が、肌分析やパーソナルケアアドバイスを行っている。こうしたパーソナルケアを通じて、顧客の今と未来の肌が常にいい状態になるよう寄り添っている。

ターゲット層きなどは

 20-30代をメインにしている。最近は30代の女性が全体の20パーセントほどを占める。30代の女性を中心に、当社のエステサービスを行うサロン型ショップを利用するケースが増えていることが一因だと考えている。

フジサンケイ ビジネスアイ掲載記事・これは優れモノ