作品管理データベースの作成
HOME > 業務案内 > 作品管理データベースの作成
作品の基本情報及びその修復履歴等をとりまとめたデータベースを作成いたします。データベースはご要望に応じた作品リストを作成し、更に以下の調査書の内容などが項目ごとに入力されているため管理作品のカルテとなり、その後の保存管理や修復の有効な資料となります。

ご依頼ごとに綿密なご相談の上で、それぞれのお客様のニーズに合わせた専用のデータベースを作成いたします。

作成するためのソフトは単純にExcelを用いただけの簡易的なデータベースや、FileMakerなどの本格的なデータベースソフトを用いた検索・閲覧のできるシステムを構築することも可能です。

費用は作成するデータベースの内容によって、同じ作品数でも異なります。
ご予算をいただければ、ご予算内に収まるシステムをご提案することも可能です。なお、データベースをご提案するにあたって、必要な閲覧環境もご用意することが可能です。

お問い合わせはこちら
  • 温・湿度管理をしているのにカビが生えてしまった・・・!
  • カビが生えている画面をきれいにしたい!
  • 裏面にラベルが貼ってある画布の変形は直るのだろうか・・・?
  • FAQ一覧を見る
美術品専用保存袋(IMPACK)
防カビ・難燃性を兼ね備えた美術品専用の保存袋を開発しました。
詳しくはこちら
お問い合わせはこちら
大切な美術作品保存のための知っておくと役立つコラム