情報調査部

広報セミナー(受付中) ※広報セミナーは非会員の方も参加できるセミナーです。 広報セミナーとは

『不祥事発生―広報7つの原則』

社会部記者が解説―突然の事件・事故にどう対応すべきか
日時: 2021年4月30日(金) 14:00~16:00オンラインライブ配信
セミナーの申込み受付は終了しました。

いま、2日に1件の割合で、企業や団体での不祥事が新聞紙面に掲載されています。経営トップの責任はもちろんブランドの毀そんは免れません。 不祥事を消すことはできませんが、何度も謝罪会見をすることなく、ダメージを最小限に抑えることは可能です。

セミナーでは、聞き手が納得する方法を、事件記者として様々な不祥事を取材してきた現役の社会部記者が、実際の事件を例に挙げて、具体策を解説します。 また、不祥事会見の映像を見ながら、会見での注意点などもアドバイスします。参加者には、不祥事会見をしのぐための簡易マニュアルも差し上げます。

※本セミナーはビデオ会議ツール「zoom」を活用して実施の予定です。

※開催前日までにメールで視聴用URLをお送りします。

※講義資料は必要に応じて郵送させていただきます。

テーマ 『不祥事発生―広報7つの原則』
日 時 2021年4月30日(金) 14:00~16:00 オンラインライブ配信
参加費 一般=20,000円
フジサンケイ広報フォーラム会員=10,000円
(ともに税別)不祥事対応の簡易マニュアルを差し上げます
申込み セミナーの申込み受付は終了しました。

プログラム

14:00~15:00 ●不祥事取材と社会部記者
―不祥事発生で広報がやるべき7つの原則
15:00~15:30 ●他社の不祥事例から学ぶべきポイント
―会見映像を見ながら記者が解説
15:30~16:00 ●質疑応答

受講のお申込み

【参加費】 一般=20,000円
フジサンケイ広報フォーラム会員=10,000円
(ともに税別)不祥事対応の簡易マニュアルを差し上げます
【申込み】 セミナーの申込み受付は終了しました。

講師のプロフィル

加藤園子(かとう・そのこ)氏 産経新聞編集局社会部記者  2011年産経新聞入社。大津支局に3年半勤務後、東京本社社会部で事件・事故を扱う警視庁取材などを担当。 17年7月から裁判所担当として、民事訴訟などの法的トラブルや刑事公判、司法行政を取材している。

お申込み受付中のセミナー

広報セミナーとは

当研究所では、広報活動に関するさまざまなセミナーを開催しています。セミナーのテーマは、危機管理からニュースリリースづくりなど、幅広く展開。主なものに「事件と広報」「製品回収事件と広報」「インターネットのリスク管理」「新任広報マン夏期講座」「何がニュースになるか」「戦力としての広報ウーマン」「読まれる社内報づくり講座」などがあります。
情報調査部の業務案内はこちら

▲PageTop