フジテレビ商品研究所

今までの研究レポート

グレープフルーツダイエットセミナー

グレープフルーツ
ダイエットセミナー

フロリダ州政府柑橘局主催のマスコミセミナーで、IPM研究室の大戸がモデレーター(仲介者)を務めました。

グレープフルーツダイエットセミナー

フロリダ州政府柑橘局主催のマスコミセミナー『グレープフルーツが及ぼすダイエット効果』で、大戸一恵(IPM研究室 主任研究員)がモデレーター(仲介者)を務めた。
会場では、東京とカリフォルニアをインターネット電話回線で結び、同時中継が行われた。東京では大阪大学タンパク質研究所 永井克也教授の講演、カリフォルニアではフジオカ・ケン医学博士の講演が行われた。

日 時

2004年 4月 21日(水)
10:00~11:30 ダイエットセミナー
11:30~12:30 懇親会 料理紹介

場 所

セルリアンタワー東急ホテル

テーマ・講師

『グレープフルーツが及ぼすダイエット効果』
Scripps Clinic Nutrition and Metabolic Research Center
(スクリプス・クリニック・リサーチ・ファンデーション)
フジオカ・ケン医学博士

講演内容

1日3回、1/2カットのグレープフルーツ果実を食前に食べると、12週間後、1.6キログラムの減量効果が認められた。
また、インスリン感受性も向上した(アメリカ人肥満患者対象)。
グレープフルーツを食べると、肥満や代謝症候群の改善にもつながるのではないか。


テーマ・講師

『ラットにおけるグレープフルーツの匂い刺激効果 ―脂肪分解、食欲、体重への影響』
大阪大学タンパク質研究所 永井克也教授

講演内容

ラットにグレープフルーツ精油の香りをかがせると、交感神経が活性化し、脂肪を分解、食欲が低下、体重が減少した。
一方、ラベンダーは副交感神経を活性化させるので、すべて逆に働いた。
グレープフルーツの香りは、恐らく体脂肪を減少させ、肥満予防効果をもつだろう。


まとめ

モデレーターの大戸一恵が、それぞれの講師の講演内容をまとめて質問をなげかけたり、研究内容を結びつけ、討論を促した。
また、実際に食べる場合はどうしたらいいのか、というような質問をなげかけてグレープフルーツのダイエット効果につなげた。


(2004.06.25 IPM研究室)

▲PageTop