フジテレビ商品研究所

研究レポート・最新記事

美術品・文化財の保存環境管理から修復までサポート
IPM, and Clinic in Painting

美術品・文化財の
保存環境管理から
修復までトータルサポート

株式会社 エフシージー総合研究所 IPM研究室 では以下の業務を承っております。
1. 環境調査 2. 作品検査 3. 作品修復 4. 美術品専用袋販売 5. 作品貸し出し時サポート

お手持ちの美術品に心当たりはありませんか?

1. 作品の保存状態について相談したい

 室内環境の専門家が、作品の置かれた環境(収蔵庫や展示室、エントランスホールや会議室など)のカ ビや害虫による生物被害状況と温湿度の調査を行い、緊急措置から定期的な日常管理まで状況に添った IPM の導入をサポート。 ※IPM(Integrated Pest Management:総合的有害生物管理)

2. 作品の表面に白や茶色の斑点ができた
3. 作品の保存状態を知りたい

 作品表面に見られるこのような斑点は、微生物(カビなど)によって引き起こされている場合があります。環境調査と合せて、美術作品の状態調査を行います。修復は殺菌処置から複雑な修復処置まで専門の修復士が行います。調査結果と処置内容について、詳細な報告書を提出します。修復記録を残すことは、大切な作品の今後の保存管理に役立ちます。また、油彩画、日本画、水彩画、版画、掛け軸、彫刻などあらゆる作品形態に対応いたします。

スーパーの総菜表示例

安全に作品を保管したい

 微生物の専門家と修復士が開発した美術品専用保存袋「IMPACK」を販売しています。作品の形態に合せて、袋タイプ、風呂敷タイプ、バックタイプを用意しています。サイズは、定型サイズと特注サイズがあります。防カビ&難燃の安心の二重構造。作品を傷つけない安全な構造を修復士と微生物専門家の監修のもとデザインいたしました。

安全に作品を保管したい

たくさんの人に鑑賞してもらいたい

 お手持ちの作品を外部に貸し出す際のサポートをいたします。貸し出しの前後に、作品のカビ検査と状態調査を行うことにより、貸し出す際の「安心」をサポートいたします。

修復実績・主なお客様

※日本全国おうかがいいたします。
■池田20 世紀美術館(静岡県伊東市)、その他 公共美術館 および 私立美術館館内環境調査および収蔵作品の調査と修復
■個人コレクターの収蔵作品の調査と修復、室内環境の調査

調査事例

1.生物学的調査
画面上の黒い斑点はカビによる汚染/カビ採取地点と採取法、分離されたカビ集落と顕微鏡写真

調査事例

2.修復作業
絵画紅富士の修復
「紅富士」の修復 と FCG ビル10F 大会議室の環境調査(東京都港区)
修復後の紅富士。紅富士の名に相応しく紅色の富士の姿を取り戻しました。

調査事例

IPM 美術品・文化財 保存サポートサービス 特設サイト

関連記事・ IPM 美術品・文化財 保存サポートサービス

FCG LABOにて掲載中

エフシージー総合研究所の活動を広く知っていただくために、広報誌「FCG LABO」にて、当研究所の活動内容をまとめてご紹介しております。最近の商品事情や、生活の知恵、各種セミナーの開催情報等が確認できます。 FCG LABOのページを見る

紹介記事の詳しい情報を知りたい場合(取材、TVや新聞・雑誌等で取り上げたい場合)、こちらに関連した試験のご依頼につきましては、「FCG LABOを見た」とお書き添えの上、IPM研究室宛にお問い合わせフォームよりご連絡ください。お急ぎの場合は、お電話にて承りますが、直接担当者がお答えできない場合がございます。

また、お電話でお問い合わせをいただいても(伝言内容のぶれを防ぐために)改めてHPのお問い合わせフォームからご連絡をお願いする場合もございますので、ご了承ください。 PDF この記事をダウンロードする

環境科学研究室では、「ダニ」「カビ」「微小昆虫類」「抗菌性評価」など
室内環境の有害生物の研究・調査に対応いたします。

【室内環境生物分野の試験および研究】
  • 室内環境中で健康被害を及ぼすダニ・微小昆虫類・カビなどの研究
  • 喘息やアトピー性皮膚炎などのアレルゲンとなる生物の研究
  • 大学や国公立の研究機関との共同研究
  • 空気清浄機の除菌性能評価、抗菌素材の性能評価などの商品実用試験
  • 異物混入検査

▲PageTop