フジテレビ商品研究所

研究レポート

吸込むことで呼吸器系のアレルギー疾患の原因となるアスペルギルス ニガー
室内環境問題で悩むなら

室内環境学会シンポジウム

室内環境学会

"室内環境"におけるさまざまな健康への影響が問題視されています。
写真は、吸込むことで呼吸器系のアレルギー疾患の原因となるアスペルギルス ニガー(Aspergillus niger)です。

最近になって認知されるようになった「化学物質過敏症」など、年々悩みを抱えている人が増加中。「室内環境学会シンポジウム(大会長 東京歯科大学 須山祐之)」では、一般の人でも参加できる特別講演、特別シンポジウム・自由集会を開催。悩みを解決できるかも。

日 時 2008年12月1日(月)
特別講演 13:00〜14:30
特別シンポジウム 14:30〜18:00
主 催 室内環境学会 (大会長 東京歯科大学 須山祐之)
場 所 タワーホール船堀(江戸川区民ホール)
特別講演 「わが国の環境衛生・公害問題等の歴史的背景」
東京歯科大学 名誉教授 西村 正雄
特別シンポジウム
自由集会
「カビによるアレルギーとその他の疾患について」
千葉大学真菌医学研究センター教授 亀井勝彦

「昆虫によるアレルギー」
国立病院機構相模原病院 臨床研究センター
喘息研究室 福冨友馬

ダニによるアレルギー」
国立病院機構相模原病院 臨床研究センター
診断・治療薬開発研究室 安枝浩

「金属によるアレルギー」
東京歯科大学 衛生学講座 客員教授 山中すみへ

「化学物質によるアレルギー」
日本住環境医学研究会会長 白瀬哲夫

「内装工事の不備によるカビの被害事例とその後の裁判について」
リレー発表:
西口智子
エフシージー総合研究所IPM研究室 室長 川上裕司
今村記念法律事務所 専修大学法科大学院教授 宮岡孝之

(2008.11.12 IPM研究室

環境科学研究室では、「ダニ」「カビ」「微小昆虫類」「抗菌性評価」など
室内環境の有害生物の研究・調査に対応いたします。

【室内環境生物分野の試験および研究】
  • 室内環境中で健康被害を及ぼすダニ・微小昆虫類・カビなどの研究
  • 喘息やアトピー性皮膚炎などのアレルゲンとなる生物の研究
  • 大学や国公立の研究機関との共同研究
  • 空気清浄機の除菌性能評価、抗菌素材の性能評価などの商品実用試験
  • 異物混入検査

▲PageTop