vol.75 洗剤やシャンプー、リンスなどの捨て方

 いただき物や未使用のまま、古くなってしまった合成洗剤や住居用洗剤、シャンプーやリンスなどを捨てる場合は、どのようにして捨てたらよいでしょう? 環境問題を考えたら、台所や洗面所の排水口に直接流してしまうのはNGです。

 まずは、現在お住まいの自治体のごみの分別・出し方のルールを確認してください。
プラスチック容器が「可燃ごみ」として出せる場合は、中身に洗剤が入ったまま指定のごみ袋に入れて出してください。


 プラスチック容器が「不燃ごみ」の場合は、中身を出してから捨てましょう。
 ビニール袋の中にくしゃくしゃにした古新聞紙を詰め、その中に洗剤を入れてしみ込ませるようにします。ビニール袋を傾けても液体が漏れなくなったら、ビニール袋の空気を抜き、口をしっかり閉じて可燃ごみとして出します。シャンプーやリンスも同様の方法で捨てて、空になったプラスチック容器は「不燃ごみ」として、指定通りに捨ててください。


 注意すべき点は、「液体洗剤」を新聞紙にしみ込ませるとき「酸性の洗剤」と「塩素系の洗剤」を絶対に混ぜないことです。中身を捨てる前に容器の表示ラベルで内容を確認してください。1つの商品は必ず1つの袋に入れて、すべて別々の袋に入れて捨てると安心です。

洗剤やシャンプー、リンスなどの捨て方

(2018.4.13)

生活科学研究室