107

大塚製薬
栄養食品「ボディメンテ」

2020.03.23

最新記事健康維持へ「カラダをバリア」

 ここ最近、筋力トレーニングやランニングがブームとなっている。健康増進や仕事の効率向上にもつながるといわれ、会社帰りにジムに通うビジネスパーソンも少なくない。今回の「これは優れモノ」はコンディショニング フード&ドリンクの新ブランドを取材した。
 「厳しいトレーニングを日々こなしているアスリートや仕事で日常的にストレスを感じる人は健康リスクが高まるという事実に着目し開発されたブランドです」と話すのは大塚製薬ニュートラシューティカルズ事業部の西川勇(ユ)仁(ニ)太(タ)さん(34)。小学生の時からバスケットボールを始め、現在もジムで汗を流しているスポーツマンだ。米国の大学在学中に、現地のアスリートたちが栄養補給に神経を使っているのを目の当たりにし、将来そんな栄養に関わる仕事がしたいと大塚製薬に入社した。

ボディメンテ

アスリートから支持

 製薬会社である同社では、運動と栄養補給は健康維持に欠かせない要素と考え、科学的根拠に基づいた製品開発を行っている。健康飲料の元祖である「ポカリスエット」も点滴輸液をヒントに開発された。発汗で奪われた水分・電解質を補うものとして、国内外の多くのアスリートをはじめ多くの一般の人にも支持されている。
 西川さんは入社後、営業を経験した後、栄養学に基づいて開発された米国生まれのサプリメント「ネイチャーメイド」のマーケティングに関わってきた。
 体は食べ物からできているといわれるほどで、生きていくためには、栄養素として何が必要かを考えて摂取していく必要がある。「糖質」「脂質」「タンパク質」「ビタミン」「ミネラル」は5大栄養素で、体を動かす熱やエネルギーの元になったり、体全体の調子を整えたりする機能がある。
 糖質制限でダイエットをしている人も多い。しかし、糖質は運動に欠かせないエネルギー源だ。このほか、筋肉の元になるタンパク質や体の代謝機能に作用するミネラルといった栄養素も欠かせないものだ。

免疫低下招く激しい運動

 激しい運動やストレスで疲労感がたまると「IgA」という免疫物質が低下し、ウイルスや病原菌の侵入を防げなくなる実証結果もある。激しい運動やストレスで疲労感がたまると「IgA」という免疫物質が低下し、ウイルスや病原菌の侵入を防げなくなる実証結果もある。
 米国のスポーツ医学雑誌「Medicine & Science in Sports & Exercise」のデータによると、大学生のフットボール選手が激しい運動をする時期には、一般の大学生よりもIgAが低下し、風邪をひきやすいことがデータからも判明している。こうした体調を崩しやすいトップアスリート向けに開発したのが、2017年に登場した商品「ボディメンテ ゼリー」だ。
 大塚製薬独自の乳酸菌B240 と必須アミノ酸のバリン、ロイシン、イソロイシンの3つとホエイタンパクなどが配合されている。
 そして2018年には「ボディメンテ ドリンク」が発売された。「ボディメンテは、飲んでカラダをバリアするという新しいコンセプトの商品。体調管理に役立ててほしい」と西川さんは力強く語った。

interview 大塚製薬
ニュートラシューティカルズ事業部  西川勇仁太 氏

独自の植物由来乳酸菌「B240」配合

この商品開発のきっかけは

 当社では、「ポカリスエット」や「アミノバリュー」「エネルゲン」など、科学的根拠を持った飲料や食品を開発し、アスリートや一般の人たちにも多くの支持を得てきた。一方で健康そのものと思われるアスリートが体調管理に苦労していることが分かった。彼らが本番で最高のパフォーマンスを発揮できる体の状態に持っていけるような栄養食品が求められていると考えた。

開発にあたって着目した点は

 トップアスリートの世界では日々、体力気力をギリギリまで追い込むハードなトレーニングが続けられている。体への負荷がかかり過ぎると体調を崩して、パフォーマンスを低下させてしまうが、ドーピングの問題から安易に治療薬を使えないことから、体調を整えるための要素を探り、疲れた体をリカバリーするような栄養食をコンセプトとした。

どのような成分が入っている

 ボディメンテゼリーには、体調の維持・管理に役立つ大塚製薬独自の乳酸菌「B240」のほか、体内で作れない必須アミノ酸のバリン、ロイシン、イソロイシンの3つが入っている。これらは、運動時の筋肉のエネルギーとなる。さらに、疲労回復を早めるアルギニン、筋肉など体組織の材料となるホエイタンパクなどを含有させている。

乳酸菌B240とは

 B240は、タイ北部で伝統的に食されている発酵茶から発見された植物由来の乳酸菌だ。古くから現地の人々の健康を支えてきたとされる。大塚製薬はその事実に着目し、独自の研究によってB240が体調管理をサポートする働きを確認した。

この商品作りでこだわった点は

 バリン、ロイシン、イソロイシンは、少し苦味があり、食べにくいという難点があった。食べやすくするために検討を重ねた結果、ヨーグルト風味にすることで、食べやすくした。

フジサンケイ ビジネスアイ掲載記事・これは優れモノ