80

パナソニック
カーナビ連動型ドライブレコーダー

2019.02.04

最新記事撮影場所を簡単特定、安心・安全に貢献

 インターネットの動画サイトなどで、国内外の自動車事故の瞬間を記録した映像が公開されているのをよく見かけるようになった。今回の「これは優れモノ」は、「あおり運転」で注目を浴びているドライブレコーダーを取材した。

カーナビ連動型ドライブレコーダー

一般ドライバーの意識変化

 「あおり運転による死亡事故がクローズアップされ、市場は右肩上がりです」とドライブレコーダー人気の背景を話すのは、パナソニックオートモーティブ&インダストリアルシステムズ社商品企画課の宇田隆三さん(33)。同社は、自動車関連や産業分野のエレクトロニクス化、IT化を担当する社内カンパニーとして2013年に発足した。
  同社と自動車産業とのかかわりは戦前に遡り、1937年にカーバッテリーを発売、39年には天皇のお車用のカーラジオを開発、納入した歴史を持つ。
 国内でドライブレコーダーが産業紙などで紹介され始めたのは、2000年に入ってから。国土交通省の先進安全自動車プロジェクトの一環で、自動車メーカー各社がドライブレコーダーの実証テストなどを行った。それ以後、カメラを搭載したタクシーや運送業者のトラックなど、事故の頻度が高くなりがちな事業者が導入するようになった。当初はドライバーへの安全教育の一環という位置づけだったという。
 大手カー用品店オートバックスセブンは、05年末からドライブレコーダーの店頭販売を開始したが、主な需要は法人向けで、個人客から引き合いを多く受けるようになったのは12年頃からだという。同社の担当者は「この年に京都市内で発生した暴走死傷事故などで、一般のドライバーの認識が変わったのではないか」と分析する。    

振動で自動録画、防犯に

 同社でのドライブレコーダーの販売台数は、同年度に4万9000台と前期比2.5倍に拡大。さらに17年度には、東名高速道路で追い越し車線に無理やり停止させられた夫婦が追突しする事故が起きたのをきっかけに、36万6000台まで急増した。
 パナソニックがドライブレコーダーを開発、市場に投入したのは14年。ポータブルのカーナビと統合したタイプで、「ドライバー目線での記録を残すというアクションカメラの発想が原点でした」(宇田さん)。その後、画質の向上や暗がりでも高感度撮影が可能なカメラを世に送り出してきた。18年10月に発売した「CA-DRO2SD」は、同社がこれまで蓄積してきた技術を盛り込んだ最新のドライブレコーダーだ。
  ナビと連動するので撮影場所の特定も簡単で、録画映像をナビの大画面の地図上で確認することもできる。超高感度撮影のため、夜間にヘッドライトが照らしていない暗い部分も撮影できるほか、カメラは約200万画素のCMOSイメージセンサーを搭載しており、高画質録画が可能。 エンジンを止めて駐車中でも、振動を感じると自動録画する防犯機能が盛り込まれている。
 「これからも新たな技術で安心で安全なドライブに貢献していきたい」と宇田さんは力強く語った。

interviewパナソニック
オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社 宇田隆三氏

夜間でも鮮明 車のナンバーや信号の色も識別可能

ドライブレコーダーの需要が拡大している

 2017年の東名高速道路の夫婦死亡事故で、ドライバーの安心や安全についての認識が高まった。当社が本格的に参入した15年当時は、趣味性の強いニッチなマーケットだったので、これほど急拡大するとは思わなかった。

カーナビ連動にチカラを入れている

 ドライブレコーダー単体のタイプも販売しているが、当初からナビと統合させたタイプがあり、需要が大きい。場所の特定ができ、録画映像をその場でナビの大画面で確認できるメリットがある。単体のタイプは小さなモニターしかないため、ナビ統合タイプは優位性がある。

他にこだわった点は

 夜間でも鮮明な映像が記録できる超高感度撮影技術も特長だ。光の反射で前の車のナンバーが映らないとか、LED信号機の色を認識しないといった問題を低減するカメラの補正技術も高めている。駐車中の当て逃げなどの監視需要もあり、エンジンを止めている状態でも、車の振動を感知して自動録画を開始するという機能も設けた。

開発での苦労は

 車内には、さまざまな電波が飛び交っている。ナビのGPS、地デジ、ラジオなどだ。こうした電波や車の安全装置にドライブレコーダーのノイズが干渉し、さまざまな動作に影響する可能性が高いため、徹底的にノイズを出さない設計にすることに注力した。画像は高画質のフルHDが常識とだが、その分、録画時間が短くなることから、保存したいシーンを確実に残せる手動録画機能なども取り入れている。

フジサンケイ ビジネスアイ掲載記事・これは優れモノ