ポーラ| これは優れモノ | フジテレビ商品研究所

32

ポーラ
薬用化粧品「リンクルショット メディカル セラム」

2017.01.28

最新記事日本初“シワ”の悩み改善効果を実証

 シミ、シワのないみずみずしい素肌は、全女性のあこがれだ。今回の「これは優れモノ」は、今年1月1日から発売している日本初のシワを改善する薬用化粧品を取材した。

リンクルショット

皮膚再生の「好中球」

 「ある調査会社によると女性の約6割がシワの悩みを抱えていることが分かりました」と話すのは、ポーラ商品企画部部長の山口裕絵(ひろえ)さん(40)。 同社の20~60代女性261人へのシワに関する独自調査で、6割強がほうれい線のシワを改善したいと回答した。 「シミとシワは、女性の肌の悩みの”ツー・トップ”なのですが、実はシワのメカニズムが良く分かっていませんでした」 山口さんによると、シミの原因は肌の表皮レベルでメラニンが出ることだと早くから分かっていた。そのため、化粧品メーカーなどが競って、シミ・そばかすを防ぐ薬用の商品を世に問うてきた。 一方で、シワの原因は様々なメーカーや研究機関が取り組んできたものの、科学的な解明がなかなか進まなかったという。同社では、2002年からこの問題にアプローチし、09年ごろにはシワの原因物質を突き止め、改善効果のある成分「ニールワン」の開発に成功した。 転んだり、手をすりむいたりすると、肌がむけて赤くじくじくすることがある。このとき、皮膚に含まれているコラーゲンやエラスチンが破壊されてしまう。皮膚再生のためには破壊されてしまったものを排除する必要がある。その役割を果たすのが、傷やウィルスの侵入を受けた際に分泌される白血球の一種、好中球(こうちゅうきゅう)。好中球から排出される酵素、好中球エラスターゼが破壊されたコラーゲンなどを分解し排除するのだ。  山口さんは「壊れた建物を取り除いて整地しないと、新築の家が建てられないのと同じ理屈です」と、皮膚再生に欠かせない中球エラスターゼの働きを分かりやすく説明する。

3カ月で7割が実感

 しかし、この酵素には欠点もあった。口 を開けたり閉じたりすると、ほうれい線が出る。この時、皮膚には1平方センチメートル当たり30グラムの圧力がかかっているという。「これは手のひらに4リットル分のペットボトルを載せたのと同じ圧力です」と山口さん。 この圧力を受けた皮膚内部では微弱な炎症が起き、好中球エラスターゼが発生していることを発見した。シワをキズと勘違いし、健康なコラーゲンやエラスチンを破壊しているのだ。この”勘違い”を繰り返すうちに、加齢も手伝ってコラーゲンやエラスチンの供給が追い付かなくなり、シワの原因になると考えられる。 研究の末、好中球エラスターゼの働きを抑制するとシワが改善されることを突き止め、4つのアミノ酸誘導体から成る成分「ニールワン」の開発に成功した。 それがシワ改善薬用化粧品「リンクルショット メディカル セラム」だ。 「45~60歳の女性68人への効果実証テストでは、約7割の人に3ヶ月程度でシワ改善の効果が認められ、感動のあまり泣いた人もいました」と山口さんは、女性の気持ちも明るくする効能も語った。

interviewポーラ 商品企画部部長 山口裕絵 氏

原因追及と開発に7年、承認に8年

日本初とのことだが

 これまで、乾燥による小ジワを目立たなくする化粧品はあった。しかし、明確に「シワを改善する」とその効能が薬事法で認められた薬用化粧品はなかった。 シワを取り除くには、ボトックス注射などの医師の診断による医療行為が必要だった。「リンクルショット メディカル セラム」は朝晩に塗るだけで、はっきりとその効能が実感できる商品だと自負している。

開発には時間がかかった

 シワの原因を突き止め、それをブロックする成分の開発に7年かかった。それから、国の承認を得るまでに8年近くかかった。日本初のシワを改善する薬用化粧品とあって、厚生労働省も慎重な姿勢で臨んでいたのだと思う。新成分の開発では、5400種類の成分を試してやっとたどり着いた。普通の化粧品の場合、200種類程度の試験なので、苦心の作といっていい。

開発で困難だった点は

 化粧品は皮膚につけるものなので、べとつかず、すぐに肌に馴染む性質・形状が要求される。化粧品の成分には、水が不可欠となる。この商品の成分「ニールワン」は、水との相性が良くて、水を使うと容器内ですぐに化学反応を起こしてしまう。水を使わず、なおかつ塗り心地の良い形状にする方法を見つけるために試行錯誤を繰り返した。

使い方は

 目じりのシワやほうれい線など気になるところに朝晩の化粧水の後に「リンクルショット メディカル セラム」を米粒程度塗るだけ。肌の水分で、成分の「ニールワン」が水を求め肌の奥深くまで浸透する。 昨年12月から先行予約を開始しているが、大変好調だ。当面は、顧客の肌の悩みなどを聞くため対面のみでの販売の予定だ。

フジサンケイ ビジネスアイ掲載記事・これは優れモノ



f