23

帝人フロンティア
化粧品ウエア「ラフィナン」

2016.9.10

最新記事着るだけで肌荒れ防ぐ潤い効果

 日中はまだ暑い日が続いているが、朝晩には涼しい風が吹き、秋の到来を感じるようになった。秋は過ごしやすい反面、夏の紫外線を浴びて弱った肌には要注意の季節だ。今回の「これは優れモノ」は”身に着ける化粧品”を取材した。

着る化粧品

まねできない新素材

 「ラフィナンは、より肌に優しい素材の開発研究の中から生まれました」と帝人フロンティア技術開発部長の重村幸弘さん(52)。
 ここ数年、機能性繊維を使った様々な商品が人気だ。夏場では触るとひんやりする「接触冷感」や汗を吸収し素早く乾燥させる「吸水速乾」といった機能を持つ下着やシャツが定番になりつつある。
 メーカー各社は、繊維に様々な機能性を持たせて差別化を図っている。「他社ではまねできない新たな素材の開発が急務でした」と重村さん。
 人間の肌の表面は、ペーハー値が4.5~6.0程度の弱酸性に保たれている。これにより、外からの菌や刺激を抑え、肌を守っている。ところが、汗や乾燥などにより、肌の表面が中性に偏ると、外部からの刺激に弱くなり、肌荒れしやすくなるといわれている。
 肌荒れを防ぐ成分を含んだクリームなどで、ケアをするのが一般的だが、顔以外の部位をカバーするのはなかなか難しい。肌のトラブルが起きる箇所は、汗をかく部位など広範にわたるからだ。
 着るだけで、肌荒れを防ぎ、肌に潤いを与える物はできないか。重村さんのチームでは、化粧品ではなく、あくまでも肌に良い繊維の開発を目指してきた。

「リンゴ酸」を配合

 10年余りの研究開発を経て、2015年11月に化粧品ウェア「ラフィナン」を発表した。
 「当初、社内では”着る化粧品”といってもなかなかピンとくる人がいませんでした」(重村さん)。
 サポーターのように肌に密着させることで、潤いを与え、肌荒れを防ぐと説明すると、皆納得したそうだ。健康な肌を維持するためには、弱酸性を保つことが重要。そこで、ラフィナンには食品や化粧品などに広く使われている、弱酸性成分の「リンゴ酸」を配合している。
 そのうえ、ラフィナンはベースに特殊なポリエステルを用いており、洗濯を繰り返しても美容成分が落ちにくい特性を持っているという。
 「美容液を染み込ませた類似商品は数多くありますが、長期間にわたり効能が続くという点では自信を持っています」と重村さんは胸を張る。着るだけできれいになるとあって、多数の引き合いがあり、大手スポーツ・ウェア・メーカーのブランド名で販売している商品は好調だという。市場では、男性向け商品の要望もあり、帝人フロンティアではさらなる商品の投入を予定している。

interview帝人フロンティア 技術開発部長  重村幸弘 氏

性別かかわらず幅広い年齢層に訴求

製品発表後の反響は

 おかげさまで、衣料品メーカーのほか、一般消費者からも数多くのお問い合わせをいただいている。4月から大手のスポーツウェアブランドの名前で弊社の製品が販売され、また6月からは自社ブランド販売も開始し、好調だ。8月からは「ラフィナン」のブランドサイト(http://www.raffinan.jp/)を立ち上げ、この商品の認知度向上を図っている。他社ブランド製品だけではなく、「ラフィナン」という自社ブランド・ネームでの市場への浸透を図っていく。

主な販売対象は

 肌に優しいということで、女性をターゲットにしていたが、アンチエージングというトレンドの中で男性向けの商品も検討している。肌が受けるダメージは若いときからの蓄積で、加齢とともに出てくるといわれている。性別にかかわりなく、幅広い年齢層に愛用してもらえる商品群に育てていきたい。

商品の種類などは

 OEMでは女性用のタンクトップやTシャツ、パンツなど。自社ブランドではアームパックやかかとパック、ハンドパックだ。今後は、女性用のバストやヒップ、脚全体のパックなどを開発し、インターネットや店舗での直販にも力を入れていく予定だ。このほかにも、男性向けの商品もニーズを考慮に入れながら開発していく。

開発で困難だった点は

 繊維製品の場合、「肌に優しい」とは謳えるが「肌を守る」とか「肌に良い」といった直接的な効能は言えない。ラフィナンは肌に直接的な効能があるため、化粧品などの運用に基づく法律に従って販売することになる。化粧品会社としての製造販売の許認可を受けるために5年近くの時間を要した。

海外の販売については

 アジアでは、中国本土のほか、韓国、香港、台湾など、海外のバイヤーからも数多くのひきあいがある。一方で、この商品は化粧品というカテゴリーにある。普通の繊維製品、雑品とは違うので各国のレギュレーションに従う必要がある。国内での販売状況を見ながら、海外での展開も視野に入れていきたい。

フジサンケイ ビジネスアイ掲載記事・これは優れモノ



f