HOME > 主な活用法
主な活用法

「食品大目付そうけんくん®」の主な活用法を、食品業界に携わるご担当者様ごとに分けて解説しております。

商社(食品輸入部門)勤務の方

食品輸入部門では海外から輸入した加工食品の規格書をもとに国内用の表示を作成していますが、扱う食品ごとに法令を調べて作成しなければならず莫大な時間と人件費がかかります。「そうけんくん」は必要な最新法令のみを的確に表示し、担当者を強力にサポートします。

海外駐在所勤務の方

海外で食品を製造し日本に輸出する場合、現地でラベルを作成したり、違法添加物や残留農薬のチェックを行うことが多々あります。海外で日本の最新法令を調べるのは大変なことですが、「そうけんくん」はインターネット経由で更新データを自動的にダウンロードし、国内同様に最新データを利用できます。

海外出張ビジネスマン

「そうけんくん」スタンドアローンタイプはノートPCにもインストールできます。日本全国はもちろん、海外へ現地指導に行くビジネスマンのノートPCに入れておけば、いつでもどこでもその場で最新の法令チェックをすることができます。

個人業者様

高価なフードITソリューションシステムを導入できる規模でない企業様であっても、「そうけんくん」スタンドアローンタイプなら更新費月々1万円から。利用し放題でこの価格は見逃せません。しかも「そうけんくん」本体のバージョンアップ費用も更新費に含まれているので、安心してお使いいただけます。

食品製造会社勤務の方

「そうけんくん」は、食材・添加物・残留農薬・違反事例・命令検査・食品衛生法・JAS法・その他の法律を瞬時に検索できます。また既に食品製造会社で原料管理システムやトレーサビリティシステムを導入されているところでも、「そうけんくん」を食品関連情報電子辞書代わりに利用することができます

バックヤード(スーパー)担当の方

プライベートブランドの食品表示や、バックヤードで製造した惣菜、弁当、青果、畜産物の表示ラベルを簡単に作成することができます。「そうけんくん」はアレルギー表示や添加物表示にも対応しているので、これらの高度な科学的・法律的な知識がなくても作成できます。

食品表示作成業務担当の方

「そうけんくん」はあらかじめポリシー設定を行えるようになっているので、ベテラン担当者の表示作成のクセを登録しておけば、初心者が操作してもほぼ同じ内容のものを作成できます。食品表示作成業務担当者の異動等に伴うリスクを「そうけんくん」がフォローします。

人材育成担当の方

「そうけんくん」は、結果を表示するだけでなく、なぜそのような判断に至ったのかをピンポイントでアドバイスし、担当者が同じ過ちを繰り返さないよう導きます。自動レポート表示印刷機能を利用すれば、社内での情報共有にも役立てることができます。

法務担当の方

「そうけんくん」の更新は、原則官報や通知が出たときに当研究所で行います。また、「そうけんくん」のトップ画面はインターネットと連動しており、最新ニュースを知ることもできます。最新法令をチェックする必要がある法務担当者にも便利な機能です。
 

ビジネス商材をお求めの方

「そうけんくん」は、食品産業いずれの分野でも広く利用できるので、急速にニーズが高まっています。「そうけんくん」を使ったビジネスを展開したいというご要望等ございましたら、代理店システムも用意していますので、どうぞお気軽にご相談ください。


お問い合わせ、ご質問はこちら!
TEL:03-6891-8507
リモートデモのご案内 そうけんくん規格書チェックツール
専用規格書ダウンロード
ID
PASS

セミナー・イベント情報
そうけんくんとは?
動作概念
動作環境
利用料金
契約までの流れ
主な活用法
主な機能
FAQ
Q. 食品添加物 全般について
Q. 食品添加物 自動判断について
Q. 食品添加物 自動表示作成について
Q. システムについて
Q. プリンタ連携について
Q. 基本機能、その他について
連携ソリューション

そうけんくんに関する各種資料(パンフレット、Excelの標準規格書等)をダウンロードしていただけます。 ダウンロードはこちら