情報調査部

最新の企業事件

こちらのページでは2018年11月の広報関連の企業事件情報を掲載しております。

危機管理メディアトレーニングのご案内
インタビューや記者会見などの対応スキルを学ぶ研修プログラムです。講師は新聞・テレビの現役記者、カメラマンが務めます。
【詳しくはこちら】

危機管理メディアトレーニングセミナーのご案内

2018年11月

2018.11.26 外務省旅券課の男性課長補佐(46)が、新宿区歌舞伎町で覚醒剤を所持したとして、警視庁新宿署に覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで11月24日に逮捕された。同課長補佐は 11月24日午後、東京都新宿区歌舞伎町1丁目の路上で、覚醒剤約0.6グラムを所持していた。巡回中のパトカーを見て立ち去ろうとしたため、職務質問したところ財布から覚せい剤が見つかった。 新宿署によると容疑を認め、ストレスのために購入したなどと話しているという。尿からも使用の陽性反応があった。
2018.11.22 21日夜の日本航空羽田発福岡行き335便が、予約の見通しを誤りオーバーブッキングしたため、欠航となったことが判明した。同社では、 別便への振り替えなどの対応を行ったが、福岡空港の運用時間の22時までに調整がつかず、搭乗できなかった乗客らは空港で一夜を明かした。 22日の朝に臨時便を飛ばした。日航は、見通しの甘さを詫びている。
2018.11.22 奈良市の保護2課の男性係長(43)が、生活保護受給者への無利子貸付金としてプールしている「市民生金庫」の口座から約200万円を着服したとして 懲戒免職処分となった。11月21日奈良市が発表した。同係長は着服金を全額弁済しているが、市は奈良署に刑事告訴した。 この係長はこの金庫を一人で管理していて、2014年4月から2017年6月にかけて、口座から現金を着服し、報告書には虚偽の預金残高を記載していた。  なお、この係長の上司にあたる課長部次長は、2017年6月の段階で着服の事実を確認していたが、福祉部長には不正なしと報告していた。今年6月内部通報で  隠ぺいが発覚した。
2018.11.20 日産自動車のカルロス・ゴーン代表取締役会長(64)が自分の過去5年の役員報酬について、計約50億円過少申告し有価証券報告書を提出したとして金融商品取引法違反の容疑で 19日、東京地検特捜部に逮捕された。また、本件に関与した同社代表取締役のグレゴリー・ケリー容疑者(62)も逮捕した。 同日午後10時から横浜の日産本社で西川広人社長が、緊急記者会見で両人の解任を発表した。本件は内部告発によるものと公表した。
2018.11.15 世間を騒がせた日大アメフト部の悪質タックル事件で、選手にパワハラまがいの指示をしたとして懲戒解雇された同部元監督(63)が、 解雇は不当として、14日東京地裁に地位確認を求めて提訴した。この事件では、今年5月の関西学院大学との定期戦で、相手のクォーターバックに 反則のタックルを選手に指示したというもの。日本大学の第三者委員会では、同監督の指示であると認定し、懲戒解雇していた。
2018.11.15 11月14日午前10時40分羽田発札幌行きのスカイマーク705便の米国人機長(49)が搭乗前のアルコール検査で陽性だったため、機長を交代 させられていたことが分かった。705便はて国の23分遅れで出発した。機長は、13日の午後3時~7時にかけて、500mlの缶ビール7本を飲んでいたという。 呼気検査では、呼気1リットル中0.01ミリグラムが検出された。この数値は社内規定の0.15ミリグラム以下ではあったが、担当者がさらに詳細な 検査が行える機器の操作に不案内だったため、機長を交代させたという。 パイロットの飲酒搭乗では、11月1日にJALのパイロットがロンドンで酩酊状態で搭乗しようとし逮捕されている。この事態を受けJALでは、昨年来パイロットの 飲酒で12件の運行遅延が発生していると発表した。
2018.11.08 居酒屋「はなの舞」と「さかなや道場」で水揚げ当日の魚介類を使用と謳っていることについて、消費者庁は11月7日に景品表示法違反(優良誤認) に当たるとして、運営するチムニー(東京)に再発防止命令を出した。同店では「羽田空港に空輸される配達サービスで当日(又は前日)に到着した鮮魚を提供する」などとしていた。 実際は、前日以前に到着していた魚などを提供していた。チムニーは、現場との情報共有が徹底されていなかったなどとコメントしている。
2018.11.07 都バスの男性運転手(46)がバス操車場で寝過ごした女性乗客(50)のバックから現金2.5万円の入った財布を盗み取った疑いで、警視庁葛飾署に逮捕された。 同運転手は「はとバス」の社員で容疑を否認しているが、バックから盗む一連の動きが車内の防犯カメラに記録されていたという。当該バスが走る路線は、 東京都交通局がはとバスに運行を委託している。
2018.11.02 日本航空は11月1日、英国で同社の男性副操縦士(42)が逮捕されたと発表した。この副操縦士は、ヒースロー発羽田行きの旅客機に搭乗する予定だったが 定められた基準値の約10倍のアルコールが検出され逮捕された。旅客機にパイロットを送迎するバスの運転手が酒のニオイに気づき通報した。 パイロットは搭乗前にアルコールのチェックなどを受けるが、何らかの不正でパスしていた模様。旅客機は1時間9分遅れで出発した。逮捕された 副操縦士からは、呼気1リットル当たり0.93ミリ・グラムのアルコールが検出されたという。呼気濃度0.5から1ミリ・グラムは酩酊状態とされ、 脳の機能が低下し千鳥足になったりもする。

※ こちらの情報は新聞に掲載された記事を元に作成しています。
転載のご依頼は当フォーラムまでお問い合せください。

記者発表から、迫真のインタビューを体験するセミナー

イメージ
あなたの会社が、何らかのトラブルで記者会見を行わなければいけない...。突然の記者会見対応...。そのときになってからでは、間に合いません。いざというときのために、模擬的な記者会見を体験して、事前対策をするのはいかがでしょうか。
  詳しくはこちら  

▲PageTop