情報調査部

最新の企業事件

こちらのページでは2018年1月の広報関連の企業事件情報を掲載しております。

危機管理メディアトレーニングのご案内
インタビューや記者会見などの対応スキルを学ぶ研修プログラムです。講師は新聞・テレビの現役記者、カメラマンが務めます。
【詳しくはこちら】

危機管理メディアトレーニングセミナーのご案内

2018年1月

2018.01.26 栃木県警は24日、栃木県下野市役所の職員が職場のパソコンを操作して自分の給与を水増ししたとして、詐欺容疑で逮捕した。逮捕されたのは、同市役所総務人事課人事給与グループの男性主幹(49)。給与を水増しした公文書と虚偽の振り込みデータを作成し、自分名義の複数の口座に入金させていた。給与額の計算は、同容疑者が1人で担当。月給は最大で300万円以上、賞与は500万円以上受け取っていたという。これまで不正に受け取った金額は3千万円を超えるとみられる。ギャンブルや借金返済に充てたと供述している。
2018.01.25 新潟大は24日、医歯学総合病院に勤務する20代の薬剤師の男性職員が同僚に暴力をふるったなどとして停職1カ月の懲戒処分にしたと発表した。同職員は2017年の9月22日の勤務時間中に同僚の胸ぐらをつか無など、軽傷を負わせたという
2018.01.25 千葉県警生活経済課は24日、効能がないのにがんなどに効くなどとしてサプリメントを販売した福岡県のセル源販売本社社長(56)を医薬品医療機器法違反(未承認薬の広告の禁止)の疑いで逮捕した。同社長は「売り上げにつながればいいと思った」などと容疑を認めているという。2015年の1月から2017年の10月にかけて、主にインターネット販売約3千万円を売り上げたとみられる。販売した錠剤の成分は、主にミネラルで健康被害は起きていないが、ボトル一本を通常の2-9倍の1万円で売っていた。
2018.01.16 2012年神奈川県逗子市で起きたストーカー殺人事件で、刺殺された女性(33=当時)の住所を当時の市職員が加害者側に漏らしたのプライバシー侵害に当たるとして、遺族が市に慰謝料など1100万円を求めた訴訟の判決で、横浜地裁横須賀支部(前沢功裁判長)は15日、市側の過失を認定し110万円の支払いを命じた。裁判長は住所を第三者に告知したのは地方公務員法上守秘義務違反に当たるとした。ただし、殺人事件との明確な因果関係は認めなかった。
2018.01.16 出版社の「幻冬舎」(東京都渋谷区)は15日、同社ホームページから第三者による不正アクセスで会員情報の一部が流出した可能性があると発表した。流失した可能性のあるのは、9万3014人分の名前、メールアドレスなど。カード番号や住所などは流出していない。フィッシングメールなどが届いた会員からの報告で判明したという。
2018.01.16 破産手続き中の旅行会社「てるみくらぶ」の社長山田千賀子(詐欺罪などで起訴)の自宅から現金約700万円を警視庁が押収していたことが判明した。破産管財人に申告しておらず資産隠しの疑いがある。同社の負債総額は、約151億円に上るが、資産は昨年11月時点で1億8800万円。警視庁では他に隠し資産がないか捜査を進めている。
2018.01.10 千葉地検の支部が器物損壊で逮捕し、現在服役している男に対して、被害女性の住所を開示していたことが分った。服役中の男は、当該裁判中に地検から開示された調書から被害女性の住所を知ったとみられる。男は、この被害女性とは面識がないが、刑務所から脅迫まがいの手紙を複数回送り付けているという。女性は国や男の元弁護人らに6300万円の慰謝料を求めている。女性は裁判中から個人情報を男に伝えないよう要望していており、脅迫状についても刑事告訴したがさらなる報復を恐れて取り下げたという。
2018.01.10 大阪大学が昨年2月の入試でミスをし、本来合格の30人を不合格としていた事件で、当該30人に対して転入を希望する際には入学金と前期の授業料計約55万円の支払いを猶予すると発表した。また、慰謝料についても検討するという。一方で、本来は不合格だった受験生30人が合格となっている。入試ミスについては昨年の6月から再三にわたり指摘されていたが、阪大側は取り合わなかったという。
2018.01.05 日本相撲協会評議員会は4日、理事の貴乃花親方(元横綱)の理事解任を全会一致で決めた。評議員会議長の池坊保子元文部科学副大臣は記者会見し、理事解任の理由として、暴行事件の報告義務違反や調査協力拒否をあげた。さらに「特に上司であり、先輩でもある八角理事長(元横綱)が何度電話をかけても全く応答がなく、折り返しの電話もないというのは著しく礼を欠いている」と非難した。
2018.01.05 新潟県警は段ボールなどのごみ7キロを他人の私有地に不法投棄したとして、10代と20代の男性巡査2人を廃棄物処理法違反の疑いで2017年11月に書類送検していたことが県警への取材で5日判明した。捨てた段ボールには当人たちの住所や氏名が記されており、近隣住民の通報で発覚した。県警は「法を守るべき警察官がこのような事案を起こし誠に遺憾。職員に対する指導を徹底し、再発防止に努める」などとコメントしている。
2017.12.22 NHKは21日、名古屋放送局の受信料集金人(37)が、訪問集金した受信料58万円を着服していたと発表した。同集金人は28日付で懲戒免職処分。受信料をめぐっては、12月6日に最高裁が合憲判断を下したばかりだが、受信料を払っても職員が着服する危険性が浮き彫りになった。
2017.12.22 警視庁愛宕署は乗車拒否したタクシー運転手に暴力を振るったとして、タクシー会社「東京エムケイ」の社長(54)傷害容疑で21日現行犯逮捕した。本人は酒に酔っていて覚えてないなどと容疑を否認しているという。東京エムケイは、自社ホームページでお詫びと共に同社長の辞任を発表した。
2017.12.20 JR西日本が管理・所有する博多発東京行きのぞみ34号の台車で亀裂が見つかった重大インシデントについて、19日会見した同社の吉江則彦副社長は「そのまま走行していたら破断し、脱線などの大事故になった可能性が高い」と述べた。この事件では、同車両の乗務員が運行中に異臭を感じたが、以後3時間にわたり運航継続した。亀裂は、あと3センチで破断するほどの状況だったという。 
2017.12.20 消費者庁は、塗るだけで車の傷が消えるとしていた補修材「レニュマックス」について、傷が目だたくなる程度だったとして優良誤認にあたるとして通販会社 e-chanceに措置命令を19日出した。
2017.12.14 JR東日本の子会社に勤めていた女性2人が、元上司のパワハラについて親会社のJR東の公益通報窓口に届けたところ、その内容を公にされたとして、JR東に対し計100万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が13日、秋田地裁(斉藤顕裁判官)で開かれた。JR東側は請求棄却を求め、争う姿勢を示した。訴状によると女性2人は当時の男性上司から人格を否定されるような言動を受け続け2016年3月に退職した。その後、親会社であるJR東の公益通報窓口にパワハラがあったと届け出たが、通報内容を元上司が把握し、子会社の従業員に公にした上で「2人はお金目当てで騒いでいる」と発言したという。
2017.12.09 清水建設の執行役員(60)が、取引業者に無償で実家の雪下ろし作業をやらせていたことが判明した。この役員は、福島県の除染工事を担当しており、福島県内にある工事の取引業者に無償で実家の雪下ろし作業をさせていた。この役員は2015年から今年にかけて福島県にある執行役員の実家の雪下ろしを4回、草むしりを1回させ、対価を支払わなかったという。問題発覚後、執行役員は謝礼33万2千円を業者に支払い、8日に辞表を提出して辞任した。
2017.12.09 北越銀行の本部に勤務する男性職員(60)が定期預金証書を偽造し、顧客3人から現金9398万円をだまし取っていたとして、同行は7日付で懲戒解雇処分にした。男性職員は11年にわたり偽造を繰り返し金をだまし取っていたという。偽造証書を渡して現金をだまし取り、遊興費や借金の返済に充てていた。同職員は、再雇用された職員で預金とは関係ない不動産部門に勤務していたという。同行の佐藤勝弥頭取は「誠に申し訳なく心からおわびする。再発防止に向け内部管理体制を強化し、信頼回復に全力で取り組む」とのコメントを発表した。
2017.12.08 岩手県岩泉町の伊達勝身町長(74)が、同県の地方紙、岩手日報社の女性記者に抱きついて複数回キスをした問題で、町長は8日の町議会に辞職を申し出て、全会一致で承認された。9日付で辞職する。岩手日報社によると、町長は町内に宿泊中の女性記者の部屋を訪ね、わいせつ行為に及んだという。
2017.12.08 東京都目黒区の生活福祉課の男性職員(55)が、生活保護受給者の預金、心身障害者福祉手当を不正に引き出し、444万1276円を着服したことが判明した。目黒区は同職員を5日付で懲戒免職にしたと発表した。区は、「事件の責任を重く受け止めており、区民からの信頼回復に向けて全力で取り組んでいく」などとコメントしている。
2017.12.08 西武バスは7日、西武園駅-所沢駅西口行きのバスの男性運転手(44)が11月28日の夜に運転中、タブレットを操作しながら運転していたとして処分を検討すると発表した。乗客からの問合せで発覚した。同社は「管理体制と教育体制を見直すなどし、再発防止に努める」としている。
2017.12.07 静岡県警は6日、女子中学生から水着の入ったバックを盗んだとして、県警警備課巡査部長(29)を逮捕した。巡査部長は容疑を認めている。逮捕容疑は7月12日午後4時10分ごろから6時15分ごろまでの間に、同市内にある中学校の校舎脇の屋外通路で女子中学生の水着など6点が入ったバッグ1個(時価計6100円相当)を盗んだとしている。同巡査部長は10月に児童ポルノを所持している疑いが発覚、自宅から女子中学生の水着が見つかり、盗みを認めたため逮捕した。県警は「被害者と県民の皆様に深くおわび申し上げる。捜査結果を踏まえ厳正に対処する」とのコメントを発表した。
2017.12.04 ソフトバンク(東京)が東京国税局から約1億4千万円の所得隠しを指摘されていたことが3日分かった。追徴税額は約4500万円に上る模様。同社によると平成27年3月期までの3年間で、経理ミスなども合わせた申告漏れ総額は62億円で、追徴税額は17億円。同社は、税務当局と見解の相違があったが修正申告したと述べている。

※ こちらの情報は新聞に掲載された記事を元に作成しています。
転載のご依頼は当フォーラムまでお問い合せください。

記者発表から、迫真のインタビューを体験するセミナー

イメージ
あなたの会社が、何らかのトラブルで記者会見を行わなければいけない...。突然の記者会見対応...。そのときになってからでは、間に合いません。いざというときのために、模擬的な記者会見を体験して、事前対策をするのはいかがでしょうか。
  詳しくはこちら  

▲PageTop