情報調査部

最新の企業事件

こちらのページでは2017年10月の広報関連の企業事件情報を掲載しております。

危機管理メディアトレーニングのご案内
インタビューや記者会見などの対応スキルを学ぶ研修プログラムです。講師は新聞・テレビの現役記者、カメラマンが務めます。
【詳しくはこちら】

危機管理メディアトレーニングセミナーのご案内

2017年10月

2017.10.31 横浜市立大付属市民総合医療センターは30日、「すい臓がんの疑いがある」とするCT画像報告を外来担当の別の医師が読まず、5か月にわたり適切な治療を行わなかったことから、70代の男性患者が10月に死亡していたことを発表した。 CT検査は今年1月に行われ、この段階で手術していれば治療できる可能性があったという。病院側は再発防止策に全力で取り組むなどと話している。 く
2017.10.25 最高裁判所は24日、名古屋国税局がデンソーに対する約12億円の追徴課税を違法と判決をした。名古屋国税は、法人税率の低いタックスヘイブンにあるデンソー子会社の所得を親会社所得と合算するとして追徴課税していた。課税逃れを防ぐ「タックスヘイブン対策税制」では、子会社の主たる事業目的が株式保有ではない場合は、適用されない。今回の最高裁判決は、同社子会社の事業目的が株式保有ではないと判断したもの。く
2017.10.25 NHKは24日、受信料のカード支払い申込書3031枚を紛失したと発表した。申込書には、2992人分の氏名・住所・クレジットカード番号・電話番号などが記載されていた。NHKはクレジットカードが悪用された場合の補償については公にしていない。
2017.10.24 2016年5月に埼玉県西部の男性中学校教諭(45)が教室に隠しカメラを設置して、女子生徒の着替えなどを盗撮していた問題で23日、この教師の監督者である中学校長と教頭が事件を隠ぺいしていたことが判明した。校長らは教師に盗撮動画を削除させたうえ、警察にも届けなかった。埼玉県警は犯人隠避と証拠隠滅の容疑で校長と教頭をさいたま地検に書類送検した。
2017.10.24 エミレーツ航空の大阪コールセンターに勤務していた男女3人が経費節減で解雇され、大阪地裁に地位確認を求めていた訴訟で23日判決があった。内藤裕之裁判長は解雇無効を言い渡し、会社側に未払い賃金や賞与の支払いを命じた。内藤裁判長は、エミレーツ航空は会社全体で1000億円超の利益があり、人員削減の必要性があったとは言えず、解雇回避努力も不十分とした。
2017.10.20 小学館は6月23日に発売した『小学館の図鑑NEO きのこ』紹介したきのこの中に、毒キノコなのに「食用」と誤って記述している説明文があると20日発表した 毒を持つ「ヒョウモンクロシメジ」の説明で、「食用」としていた。健康被害は今のところ報告はないとのこと。
2017.10.20 名古屋大病院は19日、「大腸がんの疑いがある」とするCT画像報告を担当医が読まず、7か月にわたり適切な治療を行わなかったことから、50代の男性患者が死亡していたことを発表した。 病院は、患者遺族に説明・謝罪し、許しを得たなどとしている。
2017.10.20 2015年10月に兵庫県警機動隊員だった男性巡査(当時24歳)が独身寮内で首を吊って自殺した事件で、男性の両親が上司らによるパワハラが原因として兵庫県に約8000万円の損害賠償を求め、19日広島地裁に提訴した。同機動隊では、2015年9月にも別の隊員が自殺していたが、県警本部ではパワハラやいじめはなかったとする報告をしていた。
2017.10.20 消費者庁はキッセイ薬品工業(松本市)が販売する「げたそうめん」「げんたうどん」について、あたかも、当該商品が特別用途食品として消費者庁長官の許可の要件を満たしたものであるかのように表示していたとして、19日に再発防止を求める措置命令をだした。
2017.10.20 日本製薬工業協会はバイエル薬品(大阪市)が製造する血栓症治療薬「イグザレルト」について、副作用情報を国に報告しなかったとして19日厳重注意処分とした。本薬剤をめぐっては、副作用による死亡事例も報告されている。
2017.10.18 使い捨てコンタクトレンズ「ワンデーアキュビュー」シリーズの4製品にブラシの毛の混入などの不具合が見つかったとして、自主回収するとことになった。健康被害の報告はない。販売元のジョンソン・エンド・ジョンソン「ビジョンケア カンパニー」によると1日使い捨てタイプの「ワンデーアキュビューモイスト」、2週間交換タイプの「アキュビューオアシス」、2週間交換タイプの「アキュビューアドバンス」、2週間交換タイプの「アキュビューオアシス乱視用」
2017.10.13 東京大は8月に実施した大学院農学生命科学研究科農学国際専攻修士課程の入試で、合格者を不合格とするミスがあったと発表した。この試験には26人が受験し実際には24人が合格したが、発表は23人 としていた。担当者が講評の際に書き間違いをしていたのが原因。
2017.10.12 スポーツ大会で配られたTシャツを着た参加者100人超の皮膚がかぶれるなどした事故で、神奈川県警は業務上過失傷害の疑いで、京都市のインク販売会社「松井色素化学工業所」の男性元役員(67)と男性社員を書類送検した。人体への安全性を確認せず殺菌・消毒に使う薬品を販売した疑い。
2017.10.08 神戸製鋼所は8日、アルミ製品の一部の性能データを改ざんして納入していたと発表した。製品の供給先は約200社に及ぶとする。アルミ製品のデータ改ざんは一部では10年ほど前から行われていた。
2017.10.03 覚醒剤を所持していたとして、JR東日本横浜支社の安全企画室の男性副課長(46)が現行犯逮捕された。この男性副課長は「自宅で使うために持っていた」と容疑を認めている。横浜支社は「社員が不祥事を起こし、申し訳ない。教育を徹底する」とのコメントを出した。
2017.10.02 新車の無資格検査問題で記者会見した西川広人社長は、無資格検査は継続的に組織的に行っていた可能性を述べ、謝罪した。
2017.10.02 東芝の米原発事業による巨額損失をめぐり、金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の疑いがあるとして、証券取引等監視委員会が調査する方向にあることが分った。東芝は2017年3月期決算に約6500億円の損失を計上したが、監視委はこのうち数千億円については28年3月期に計上すべきで利益の過大計上の疑いが持たれている。
2017.10.02 勤務していたゲームソフト大手「スクウェア・エニックス」(東京都新宿区)でゲーム機を不正に発注、転売していたとして、警視庁新宿署は2日までに、背任の疑いで、元社員の男性(56を逮捕した。同社は男性社員を2013年11月に懲戒解雇。2015年12月に新宿署に背任容疑で告訴していた。
2017.10.02 国立成育医療研究センターの男性小児科医師(32)が、17歳の少女に現金を渡してみだらな行為をしたとして、児童買春・ポルノ禁止法違反(買春)の疑いで警視庁中野署に逮捕された。医師は黙秘している。医師は別の無職の少女(16)に「16、17歳で援助交際してくれる人がいないか」と依頼。16歳の少女が「他の子も紹介してお金をもらった」などと話していることから、別の少女に対する買春を行っていた可能性があるとみている。

※ こちらの情報は新聞に掲載された記事を元に作成しています。
転載のご依頼は当フォーラムまでお問い合せください。

記者発表から、迫真のインタビューを体験するセミナー

イメージ
あなたの会社が、何らかのトラブルで記者会見を行わなければいけない...。突然の記者会見対応...。そのときになってからでは、間に合いません。いざというときのために、模擬的な記者会見を体験して、事前対策をするのはいかがでしょうか。
  詳しくはこちら  

▲PageTop