情報調査部

最新の企業事件

こちらのページでは2017年2月の広報関連の企業事件情報を掲載しております。

危機管理メディアトレーニングのご案内
インタビューや記者会見などの対応スキルを学ぶ研修プログラムです。講師は新聞・テレビの現役記者、カメラマンが務めます。
【詳しくはこちら】

危機管理メディアトレーニングセミナーのご案内

2017年2月

2017.2.22 つくばエクスプレス線を運営する「首都圏新都市鉄道」では、複数の幹部が安全確認のために行う駅構内の巡回をしていないのに「巡回した」と虚偽報告をしていたことが21日、判明した。巡回していれば防ぐことができた可能性のあるミスもあり、同社は「悪い慣習があった」として再発防止策を講じる方針だ。守谷駅(茨城県守谷市)担当の駅幹部は、勤務ダイヤで4回巡回のルールに対して1回しか巡回しなかったが、記録簿には4回チェックしたことになっていた。同線では昨年10月、新御徒町駅(東京)のホームドアが全て開いたまま始発電車が進入。同11月には、秋葉原駅(同)の男性用トイレの個室で男性が首をつっていたのが見つかった。いずれも駅職員が巡回を怠っていながら、記録簿上は実施したことにしていた。国土交通省鉄道局は「会社は規則を守らせる責任がある」と指摘した。
2017.2.21 マルコメ(長野市)は20日、即席みそ汁商品の外袋に異物混入の恐れがあるとして、約145万個を回収すると発表した。対象は「料亭の味みそ汁」の「12食」など。損傷した製造工程で使う直径2センチのシリコーン製吸盤が、商品の外袋の中に入った可能性があるという。
2017.2.20 事務用品通販アスクルの物流倉庫火災は、発生から4日間が経過した20日も、鎮火のめどが立っていない。建物が倒壊する恐れもある。火災は16日午前に発生。19日未明に倉庫南東側で相次いで2度の爆発が起きたため、三芳町は3世帯7人に避難勧告を出した。アスクルは避難した希望者にホテルを用意するなど、対応に当たっている。
2017.2.18 弁当店「ほっともっと」店長は「名ばかり管理職」で、残業代が支払われなかったのは違法として、元店長の30代女性が運営会社「プレナス」(福岡市)に未払い賃金など511万円と懲罰的付加金の支払いを求めた訴訟の判決で静岡地裁(関口剛弘裁判長)は17日、原告の請求を認め、約160万円の支払いを命じた。労働基準法は、「管理監督者」は残業代の支給対象外と規定。運営会社は「店長は経営に責任を持つ管理監督者」と主張したが、関口裁判長は「アルバイト採用などで限定的な権限しかなく、店舗運営は本社のマニュアルに従っていた」と指摘した。
2017.2.17 埼玉県警は16日までに、酒に酔った10代少女を集団で暴行したとして、集団準強姦などの疑いで、船橋中央病院の医師(31)ら男3人を逮捕した。他に逮捕されたのは、東京慈恵医科大学付属病院医師(31)、東邦大学6年生(25)。逮捕容疑は10代後半だった少女に酒を飲ませ、集団で暴行した疑い。
2017.2.17 京都府立医大病院(京都市)などが暴力団幹部の病状をめぐり虚偽の回答書や診断書を作成していたとされる事件で、医大の幹部が同病院と協力関係にある民間大手「康生会武田病院」(同)側から長期間にわたり多額の飲食代を提供されていた疑いのあることが16日、分かった。
2017.2.14 東京電力福島第1原発事故で福島県から横浜市に自主避難した同市立中学1年の男子生徒(13)のいじめ問題で、市教育委員会の岡田優子教育長は13日、記者会見し、これまでの見解を一転させ、男子生徒と同級生との間の金銭授受に関してもいじめの一部と認め、生徒に謝罪した。
2017.2.14 愛知県一宮市の中学3年の男子生徒(14)が大阪市内の商業施設から飛び降りて自殺した問題で、生徒が通っていた市立浅井中学校校長は13日、記者会見し「生徒が体育祭でけがをした際、担任の対応に不備があった。申し訳ない」と謝罪した。
2017.2.14 日本音楽著作権協会(JASRAC)が、音楽教室での演奏について著作権料を徴収する方針を決めたことに対し、ヤマハ音楽振興会や河合楽器製作所など方針に反対する音楽教育事業者によって結成された「音楽教育を守る会」が民事訴訟などに踏み切る方針を固めたことが分かった。JASRACは、音楽の著作権を管理する一般社団法人。管理する曲数は国内外で350万曲で、2015年度の年間徴収額は約1117億円に上る。
2017.2.8 東洋ゴム工業は7日、船舶などに使う産業用ゴム製品で、データの偽装があったと発表した。免震ゴムや防振ゴムなどに続き、新たな不正が発覚した。国土交通省は東洋ゴムに対し、原因究明や再発防止策を実施するよう指示した。不正が疑われる期間は2009年3月から2017年1月末までの約8年。部品はバルブに使う「シートリング」と呼ばれる製品。東洋ゴムは過去10年間で4度目の不正。
2017.2.8 NHK山形放送局の記者が強姦(ごうかん)致傷などの疑いで逮捕された事件で、山形県警は容疑者が勤務するNHK酒田支局を家宅捜索した。記者は容疑を否認しているという。
2017.2.3 洗顔でしみが消えるかのようにうたったせっけん「VCソープ」に根拠がなく、景品表示法違反(優良誤認)に当たるとして、消費者庁は2日、福岡市の通信販売会社「Xena(ジーナ)」に再発防止などを求める措置命令を出した。
2017.2.1 東京慈恵会医科大学付属病院(東京都港区)が、検査で肺がんの疑いを発見された70代の男性患者に検査結果を伝えないまま約1年間放置していたことが31日判明した。男性のがんは進行して手術できない状態となり、病院は患者側に謝罪した。男性は2016年10月、貧血などのため同病院に入院した際、胸部CT検査で肺がんと診断された。男性は2015年10月に入院した際にCT検査を受けており、放射線科の医師が画像報告書に「原発性肺がんは鑑別となり、短期間でのフォローが望まれます」と書き込んでいた。しかし、当時の担当医や外来担当の主治医は、報告書を確認しないまま肺がんの疑いを1年にわたり放置。男性は手術や抗がん剤治療ができない状態になった。
2017.2.1 東大病院は31日、看護師が入院中の幼児に薬剤を誤投与は、死亡する医療事故が2015年にあったと発表した。病院は、薬剤の誤投与が死亡に影響したとしている。病院によると、多臓器の障害があり、重篤となっていた幼児に対し、胃に内服薬を注入する処置をした際に発生。看護師は内服薬を準備後、電話対応などのため作業をいったん中断、再開する際、近くにあった別の患者の内服薬と取り違えた。病院側は「患者と家族に深くおわび申し上げる。改善の取り組みを進める」などとしている。
2017.2.1 旅行大手のエイチ・アイ・エス(HIS)が、従業員に違法な長時間労働をさせていたとして、厚生労働省東京労働局が労働基準法違反の疑いで、近く法人としての同社と幹部社員を書類送検する方針を固めたことが分かった。関係者によると、HISは東京都内の複数の店舗で、従業員との間で事前に決めた残業時間を超える労働をさせた疑いが持たれている。

※ こちらの情報は新聞に掲載された記事を元に作成しています。
転載のご依頼は当フォーラムまでお問い合せください。

記者発表から、迫真のインタビューを体験するセミナー

イメージ
あなたの会社が、何らかのトラブルで記者会見を行わなければいけない...。突然の記者会見対応...。そのときになってからでは、間に合いません。いざというときのために、模擬的な記者会見を体験して、事前対策をするのはいかがでしょうか。
  詳しくはこちら  

▲PageTop