情報調査部

最新の企業事件

こちらのページでは2017年1月の広報関連の企業事件情報を掲載しております。

危機管理メディアトレーニングのご案内
インタビューや記者会見などの対応スキルを学ぶ研修プログラムです。講師は新聞・テレビの現役記者、カメラマンが務めます。
【詳しくはこちら】

危機管理メディアトレーニングセミナーのご案内

2017年1月

2017.1.31 京浜急行電鉄は30日、三崎口発泉岳寺行き快特列車を運転していた男性運転士(29)が居眠り運転していたと発表した。この運転士は同日午後3時ごろ、横浜-京急蒲田間を走行中の約10分間、意識がもうろうとなり、体がふらついていたという。運転士の異常に気付いた乗客が同社に連絡し、乗務を終えた運転士に確認したところ、本人が居眠り運転を認めたという。同社は「出勤時の健康確認を徹底する」としている。
2017.1.30 2015年に発覚した東芝の不正会計問題で保有株価が下落し資産が目減りしたとして、三菱UFJ信託銀などが東芝を相手取り、損害賠償請求訴訟を起こす方針であることが分かった。東芝は米国の原発事業をめぐって、最大7千億円の損失が生じる可能性があり経営危機に直面している。提訴は、三菱UFJ信託銀が出資する日本マスタートラスト信託銀行と共同で、請求額は約10億円。東芝への訴訟は、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)から株の管理を委託された日本トラスティ・サービス信託銀行が約132億円、ドイツに本拠を置く投資顧問会社「アリアンツ・グローバル・インベスターズ」など海外計45の機関投資家が約166億5千億円の賠償をそれぞれ求めている。
2017.1.30 SNSを通じて知り合った女子中学生3人にわいせつな行為をしたとして、神奈川県教育委員会は藤沢市立中学の男性教諭(30)を懲戒免職処分とした。県教委によると、2年の女子生徒に買春行為をしたとして児童買春・ポルノ禁止法違反容疑で書類送検されたほか、3年の女子生徒2人と不適切な関係を持ったとしている。
2017.1.30 名古屋市の青果仲卸会社の女性社員=当時(21)=が2012年に自殺したのは、先輩社員からのいじめでうつ病を発症したことが原因として、女性の両親が同社などに約6400万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、名古屋地裁は27日、女性へのパワハラ行為を認め、会社に賠償を命じた。訴状によると、女性は09年に同市の仲卸会社「加野青果」に入社。11年末ごろにうつ状態となり、翌12年6月に自殺した。社内で先輩社員の女性2人から無視されたり、「この野郎」などと威圧的な言葉でミスを叱責されたりするパワハラがあったとしている。
2017.1.25 三菱電機の子会社、三菱電機エンジニアリングの男性社員=当時(43)=が上司の言動に悩み2013年10月に自殺していたことが24日、わかった。男性は職場の安全衛生や設計・開発の問題で上司と意見が合わず職場で「お前は病気だ」、「懲戒処分の対象になる」などと言われたという。会社側は「大変残念なことだが、上司が不適切な言動をしたという事実は確認されていない」などとコメントしている。なお、本件とは別に三菱電機が社員に違法な長時間労働をさせ、精神疾患を起こさせたうえ、クビにした問題で滋賀県は同社を県の入札への参加を1か月間停止すると発表した。
2017.1.24 中国ジェイアールバス(広島市)は23日、山陽道のサービスエリア(SA)で仮眠を取っていた夜行バスの男性運転手(38)が、予定の時間に起きることができず、乗客17人が約6時間、閉じ込められた状態になっていたと明らかにした。同社によると、運転手は1人で、バスは20日午後8時半ごろ、大阪市のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)に向け、広島県呉市のJR呉駅を出発した。運転手は同11時40分ごろ、眠気に襲われ、予定していなかった同県福山市の福山SAで停車。約3時間後に起きるつもりで、車両の外側から出入りする仮眠スペースに入って寝ていた。運転手の姿が見当たらないことに気付いた乗客が110番し、同社にも連絡して発覚した。
2017.1.24 つくばエクスプレスを運行する首都圏新都市鉄道の20代男性運転手が無賃乗車を繰り返していたことが23日分かった。自社の端末機を使って乗車券の入場記録を取り消す手口で無賃乗車を繰り返していたとみられる。会社は、社内規則に従い厳正に対処するとコメントしている。
2017.1.18 つくばエクスプレスの流山セントラルパーク駅で男性駅員が勤務中にツイッターに投稿していたことが分った。駅員は昨年12月15日午前0時38分、勤務時間中であるにもかかわらず、自らが出演するライブコンサートが開催されることをツイッター上で告知した。駅員は事実関係を認めているという。同社は「再発防止に努めたい」としている。
2017.1.18 ホンダは17日、2016年12月27日に神奈川県の公道で先行車に追突した小型車「フィット」のタカタ製エアバッグが異常破裂し、運転手が右足太ももにやけどを負う事故が起きたと発表した。事故車はリコール対象車だったが、所有者は改修に応じていなかった。国内のタカタ製エアバッグの異常破裂によるけが人は2件目とみられる
2017.1.17 三菱ふそうトラック・バス(川崎市)の一部の大型・中型バスで車体下部が腐食しハンドル操作ができなくなる恐れがあるとして、国土交通省が昨年7月に使用者に点検を促したところ、1万3637台中805台で腐食が見つかっていたことが分かった。国交省はこの805台の運行停止を指示した。対象には昨年1月に長野県軽井沢町で転落事故を起こしたバスも含まれ、事故後に腐食が見つかっていたが、国交省は「事故原因とは直接関係ない」と説明している。
2017.1.12 三菱電機の情報技術総合研究所(神奈川県鎌倉市)の研究職の男性(31)に違法な長時間労働をさせた疑いで、厚生労働省神奈川労働局が11日、労働基準法違反容疑で、法人としての同社と当時の上司を書類送検した。男性は長時間労働が原因で精神疾患になり、藤沢労働基準監督署(同県藤沢市)が昨年11月、労災認定していた。男性は大学院博士課程を修了して25年4月に三菱電機に入社。情報技術総合研究所で、家電などに用いるレーザー技術の研究に携わっていた。2014年1月以降、研修論文作成業務で著しく業務量が増加、同年2月には、「過労死ライン」とされる月80時間の2倍に当たる月160時間の残業をし、同年4月に適応障害を発症。昨年6月には在籍期限を過ぎたとして解雇された。男性によると、直属の上司が「残業は40時間未満までつけろ」「不自然にならないようにしろ」などと過少申告を指示されていたという。この他にも、上司からは「おまえの研究者生命を終わらせるの簡単だ」「言われたことしかできないのか。じゃあ、おまえは俺が死ねと言ったら死ぬのか」などと恫喝されていたという。
2017.1.11 NHKは10日、横浜放送局営業部の男性職員が受信料数十万円を着服した疑いがあると発表した。この職員はNHKが調査を進めていた2016年10月に自殺した。受信料を先払いしている契約者の個人情報を悪用し、契約を解除したように装い払戻金を着服していた模様。NHKは被害額を確定させ、遺族らに弁済を求める方針。
2017.1.11 東京電力福島第1原発事故で福島県から横浜市に自主避難した中学1年の男子生徒(13)がいじめを受けていた問題で、生徒の代理人弁護士は、男子生徒が同級生らに150万円を払わされていた行為もいじめと認めるよう要望書を横浜市の林文子市長宛てに提出した。同級生から「(原発事故の)賠償金をもらっているだろう」と言われ、ゲームセンターでの遊興費などを負担していた。
2017.1.11 北総鉄道は10日、東松戸駅の男性駅員(44)が定期券の不正発行を繰り返していたと発表した。不正発行の合計金額は約105万円に上る。同社は被害の確認を急ぐとともに、駅員を処分する方針。不正定期は東松戸-JR横浜駅間や東松戸-JR池袋間などで、定期代は最大25万3860円のものが確認されているという。
2017.1.11 東京情報大(千葉市)の学生42人が、米アドビシステムズの画像編集ソフト「イラストレーター」を無料で使える試用期間を不正に延長して使っていたことが分かった。学生らは大学祭実行委員会のメンバーや元メンバーで、ソフトをポスター制作などに利用していた。
2017.1.6 アマゾンジャパンが提供する電子書籍の読み放題サービス「キンドル アンリミテッド」で、昨年10月にアマゾンによって配信を止められていた、光文社など6社の提供作品の配信が5日までに再開された。光文社は「アマゾンジャパンとの交渉で新たに契約を交わしたため」と説明している1000点を超える全作品の配信を一方的に止められた講談社は2016年10月3日、「大変困惑し、憤っている」とする抗議声明文を発表していた。同社作品の配信は、まだ再開されていない。昨年8月にサービスが始まった「キンドル アンリミテッド」は、当初の想定を上回る利用があり、出版社への支払額が膨らんだアマゾンジャパンが支払い条件の変更を求め、これに応じなかった出版社の配信が止められたとみられている。
2017.1.05 第93回東京箱根間往復大学駅伝競争の復路で3日、神奈川大学の選手が車にはねられそうになっていたことが分かった。交通規制のミスだったといい、警視庁は「再発防止に努める」としている。3日午後1時半ごろ神奈川大の選手が日比谷交差点を通過しようとした際、交差点を横切る車列が途切れず、選手とワゴン車が衝突しそうになった。選手が速度を緩めて避けたという。交差点の手前で選手の通過を確認した警察官が、交差点にいる警察官にあらかじめ無線で連絡し、選手の妨げにならないよう車両の規制をすることになっていた。しかし神奈川大の選手の時は、連絡は行ったが規制のタイミングが遅くなり、間に合わなかった。

※ こちらの情報は新聞に掲載された記事を元に作成しています。
転載のご依頼は当フォーラムまでお問い合せください。

記者発表から、迫真のインタビューを体験するセミナー

イメージ
あなたの会社が、何らかのトラブルで記者会見を行わなければいけない...。突然の記者会見対応...。そのときになってからでは、間に合いません。いざというときのために、模擬的な記者会見を体験して、事前対策をするのはいかがでしょうか。
  詳しくはこちら  

▲PageTop