情報調査部

最新の企業事件

こちらのページでは2016年7月の広報関連の企業事件情報を掲載しております。

危機管理メディアトレーニングのご案内
インタビューや記者会見などの対応スキルを学ぶ研修プログラムです。講師は新聞・テレビの現役記者、カメラマンが務めます。
【詳しくはこちら】

危機管理メディアトレーニングセミナーのご案内

2016年7月

                                                               
2016.7.30 群馬大学病院連続手術死事件で第三者調査委員会の報告が29日あった。2009年に8人が同一医師による手術で連続死した際に、何らの有効な改善策がとられず、この医師による手術で2009年度以降も10人以上が死亡していることが分かった。この医師が手掛けた手術では2007~2014年に計30人が死亡している。
2016.7.30 29日午後6時半ごろ、成田空港発大宮行きの特急成田エクスプレス40号が品川区のポイントで誤って、横浜・大船方面に進入した。乗客約220人は、武蔵小杉で降車し別の列車に乗り換えた。この列車は12両編成で前6両が大宮行き、後ろ6両が大船行きで東京駅で切り離されていた。通常の運行では、前6両が大船行きで後ろ6両が大宮行きだが、車両整備の都合で逆にしていた。
2016.7.29 三菱自動車がリコール隠しなどの過去の不祥事を受けて2011年に実施した社内アンケートで、 2016年4月に発覚した燃費データの不正が行われていることを示唆する回答が複数あったことが分かった。このアンケート結果は当時の経営陣や各部門長、本部長に報告されていた。外部有識者による委員会にも報告がなされ、調査するよう指示されていた。所管する開発本部の幹部が、傘下の部長に調査を指示したが「問題なし」と結論付けていた。調査は開発部門の人間が行い、コンプライアンス部などの他部門による調査は行わなかったという。
2016.7.29 高島屋は28日、日本橋店の1999-2004当時の外商顧客の個人情報421人分が流出したと発表した。現在までのところ不正利用の報告はないとのこと。男性社員が自己所有のパソコンにデータを保存、そのパソコンをリサイクルショップに売却した。このパソコンを購入した人物が個人情報が残っていることに気づき発覚した。高島屋は再発防止を徹底するとコメントしている。
2016.7.28 警視庁は登山用品販売の大手「ICI石井スポーツ」を旅行業法違反容疑で書類送検したことが27日分かった。同社は、旅行業者の登録がないにもかかわらず登山旅行の手配を行っていた。複数回の行政指導にもかかわらず従わなかったため立件した。旅行業法は旅行者保護のための法律で、旅行中の事故の補償などを担保するために、業を行うためには登録が義務付けられている。登録には一定の金額を国か旅行業協会に供託しなければならない。「ICI石井スポーツ」の場合最低でも220万円が必要だったと見られる。
2016.7.28 「ポケモンGO」に関して、全国の裁判所、原子力施設、広島記念公園なども相次いでキャラクターの出現を中止するよう米国のゲーム開発会社に求めた。全国ではプレーに夢中になり、車に接触するなどの事故が続いている。
2016.7.27 トラック運転手として同じ業務を行っているのに手当や昇給が正社員と差があるのは不当として、運送会社「ハマキョウレックス」の契約社員の男性が訴えていた裁判で大阪高裁は26日、同社に77万円の支払いを命じた。
2016.7.27 JRや私鉄各社など全国32の鉄道事業者は26日、「歩きスマホ」によるホームからの転落や列車との接触の危険性があるとして、ゲーム開発会社に駅構内や列車内にキャラクターが出現しないよう要請書を提出した。
2016.7.27 東亜建設工業は羽田空港などでの地盤改良工事で施工不良を隠ぺいしていた事案で、記述開発グループの担当課長と当時の東京支店長を諭旨解雇処分にすると発表した。役員らは降格や出勤停止処分にとどまるという。
2016.7.26 有毒とされるフグの肝を客に提供したとして、5月に食品衛生法違反の罪に問われていた「大阪とらふぐの会」経営者は、25日に大阪地裁での初公判で起訴内容を認めた。「肝の危険性はよくわかった。今後は提供しないと肝に銘じる」と述べた。検察は、懲役1年6月と罰金400万円を求刑した。判決は8月9日。同店は有名人もお忍びで訪れる人気店だった。
2016.7.21 オリンパスの粉飾決算事件をめぐる裁判で、虚偽の記事を掲載されたとして会社役員が日経新聞に550万円の損害賠償を求めていた裁判で、東京地裁は20日、日経新聞に33万円の支払いを命ずる判決を言い渡した。
2016.7.21 慶応義塾大学病院で心臓手術を受けた女児(5)の脳に重い障害が残ったとして、両親が同院を運営する学校法人慶應義塾を相手取り2億円の損害賠償を求める訴訟を起こすことが20日分かった。女児は手術中に低酸素性虚血性脳症を発症したとみられ、言葉を発したり自力で歩いたりできない状態が続いているという。慶大側は今の時点でコメントできることはないとしている。
2016.7.20 埼玉県立富士見高校の40代男性教諭が自身のフェイスブックに生徒のことを「うちの下僕ども」などと書き込みしていたことが19日分かった。同教諭は校長から口頭で注意されたという。校長は「生徒の信頼を損なう行為であってはならない」などとコメントしている。
2016.7.20 東証1部上場の積水化学工業が大阪国税局の税務調査を受け、2015年3月期までの3年間に飲食代の会計処理などについて、約5000万円の所得隠しを指摘されていたことが分かった。他の経理ミスを合わせて申告漏れは5億円以上になるとみられる。重加算税を含めて追徴税額は約2億円で同社は全額納付したという。
2016.7.20 新しい仕組みのがん治療薬「オプジーボ」を服用後、別のがん免疫療法を受けた60代男性が副作用とみられる症状で死亡した。オプジーボを製造する小野薬品工業は19日こうした治療を行わないよう医師らに注意を呼びかけた。小野薬品によると死亡した男性は肺がんで投与から3週間後に自由診療で別の免疫療法を受けたところ、多臓器不全で死亡したという。
2016.7.20 志賀高原の「ホテルサニー志賀」で合宿していた中高生の財布が相次いで盗まれた事件で、同ホテルの元従業員に対して長野地裁は19日、懲役3年6月の判決を言い渡した。元従業員は、無断で複製した合鍵を使うなどして、2015年と2016年の2度にわたりホテルに侵入し、フロント内で預けられていた財布や携帯電話、1068万円相当を盗んだ。同ホテルや周辺ホテルには予約のキャンセルや保安体制についての問い合わせが殺到しているという。
2016.7.20 全日空は国際線の予約業務などを委託している子会社のANAテレマートが、顧客からの問い合わせなどの通話音声データの入ったUSBを1本紛失したと19日発表した。これは社内教育用にとってあったもので、235件の通話が記録されており、うち53件に電話番号など個人を特定される情報も含まれていたという。
2016.7.15 富山県議会副議長を務める県議が政務活動費で書籍を460冊買っていたとすることについて、すべて架空であったことを明らかにした。架空計上した金額は460万円に上るとみられる。この県議は副議長職の辞任を申し入れ、許可された。県議の職は辞していない。
2016.7.14 日航の男性副操縦士が酔って警察官を殴り逮捕され、予定されていた便が欠航となった事件に対して、国土交通省は日航に対して厳重注意した。この副操縦士は以前にも飲酒によるトラブル起こしており、酒を断つことが乗務の条件だった。
2016.7.14 東京電力福島第一原発事故の責任は、原発メーカーにもあるとして国内外の約3800人が日立、東芝、GEに損害賠償を求めていた裁判で、東京地裁は13日これらの請求を退けた。
2016.7.13 過去に逮捕歴のある男性が米グーグルに自身の逮捕に関する情報の削除を求めた仮処分申し立てに関し、東京高裁は12日、「男性の犯罪の性質は公共の利害にかかわる」などと判断、削除を認めたさいたま地裁の決定を取り消した。地裁は国内で初めて「忘れられる権利」を認定したが高裁は権利は法的に定められたものではないとして退けた。この男性は、児童買春・児童ポルノ禁止法違反罪で罰金50万円の略式命令が確定している。事件から3年以上過ぎても男性の名前などを検索すると逮捕時の記事が表示されていた。グーグル側は今回の高裁の決定について評価するコメントを出している。
2016.7.12 プリンスホテルは11日、港区の「グランドプリンスホテル新高輪」で8日昼にギョーザを食べた男性客から異物が入っていたとその場で申し出を受けたと発表した。異物は、銀歯とみられるという。他の客などからはクレームはなかったという。
2016.7.12 酒で酔わせた女性にわいせつ行為をしたとして、強制わいせつ罪に問われていた東大生らの初公判が11日、東京地裁で開かれた。2被告は容疑を認めた。
2016.7.12 大手カレーチェ-ン店の廃棄された冷凍カツが今年1月に愛知県内のスーパーで不正に売られていた事件で、愛知、岐阜両県警は11日、廃棄処分せず販売し代金をだまし取ったとして、産業廃棄物処理業「ダイコー」と「みのりフーズ」の経営者らを逮捕した。
2016.7.08 朝日新聞と週刊文春に掲載された読売巨人軍をめぐる記事の情報源として名指しされて名誉を棄損されたしとて、元球団代表の清武英利氏が、読売新聞グループ本社などに損害賠償や謝罪広告を求めていた裁判で最高裁は6日、清武氏の上告を退ける決定をした。「清武氏が内部情報を持ち出したと推認される」とする1、2審の判決が確定した。
2016.7.08 学校教育法上の認可がない「四谷インターナショナルスクール」から不正に編入学させていたとして、通信制の「クラーク記念国際高校」が北海道から是正を求める行政指導を受けた。クラーク高校は自宅での学習を中心に高卒資格が得られる広域通信制高校。校長は冒険家の三浦雄一郎氏。
2016.7.07 2015年10月静岡県伊東市内の国道での追突事故で、タカタ製エアバックが異常破裂し、けがを負った60歳代の女性がタカタの担当者を業務上過失傷害の疑いで告訴していた事件で、示談が成立した。女性は告訴を取り下げたことが6日分かった。タカタは相手方がいるのでとコメントをしていない。和解金は1200万円とのこと。
2016.7.06 国土交通省は5日、東京地区で営業するタクシーの初乗り運賃を現行の730円から400円台に下げる審査に入った。初乗りの距離は現行の2キロから1キロ程度に短縮する。早ければ年内にも新運賃が実現する見通し。タクシーの格安運賃をめぐっては各地で裁判が起こっている。
2016.7.05 合併案をめぐり経営陣と創業家の意見が対立している石油元売り2位の出光興産では、合併推進派の経営陣が合併反対の創業家に協議を申し入れたことが4日分かった。少子高齢化やエコカー普及で国内のガソリン需要は先細りつつあり、経営陣は昭和シェル石油との合併で合理化による収益力を高める狙いという。創業家は社風や企業体質の違いから合併に反対している。
2016.7.05 国が定めた公定運賃を下回る格安運賃で営業する「壽(ことぶき)」タクシー(東大阪市)が、国に運賃変更命令などの行政処分をしないように求めた裁判で、国に同命令の差し止めを命じた大阪高裁判決(6月17日)に対して、国は期限の1日までに上告せず国の敗訴が確定した。国土交通省は格安タクシーが営業する全国11の地域で下限を引き下げた新運賃を公表するとしている。
2016.7.05 森永乳業は4日、果汁飲料のパッケージの栄養成分表示に誤りがあったため、当該商品の製造を終了したと発表した。飲んでも健康上の問題はないため、自主回収は行わない。炭水化物の含有量を「g」と表記すべきところ「mg」としていた。データの誤りに気づかず資材会社にパッケージ製造を発注したことが原因。
2016.7.01 東海ラジオで6月27日の番組放送中に出演者のタレントが共演している女性タレントをマイクで殴りつけたりして10日間のけがを負わせた。この番組は19年間放送している長寿番組「宮地佑紀生の聞いてみやーち」。東海ラジオ総務部は事実関係確認中とのことでコメントはしていない。

※ こちらの情報は新聞に掲載された記事を元に作成しています。
転載のご依頼は当フォーラムまでお問い合せください。

記者発表から、迫真のインタビューを体験するセミナー

イメージ
あなたの会社が、何らかのトラブルで記者会見を行わなければいけない...。突然の記者会見対応...。そのときになってからでは、間に合いません。いざというときのために、模擬的な記者会見を体験して、事前対策をするのはいかがでしょうか。
  詳しくはこちら  

▲PageTop