情報調査部

最新の企業事件・不祥事リスト

新聞などマスコミで報じられた広報関連の企業事件情報です。

(2017年10月10日現在)

危機管理メディアトレーニングのご案内
インタビューや記者会見などの対応スキルを学ぶ研修プログラムです。講師は新聞・テレビの現役記者、カメラマンが務めます。
【詳しくはこちら】

危機管理メディアトレーニングセミナーのご案内

2017年10月

2017.10.10 10日の東京株式市場で、神戸製鋼所株に売り注文が殺到し、取引が成立しない状況が続いている。同社はアルミ製品の強度などで、性能データを改竄(かいざん)していたと8日に発表しており、業績への悪影響は必至とみて、売りが大きく先行した。気配値は前週末に比べ300円安い1068円まで切り下げられている。正午時点で、買い注文150万株程度に対し、売り注文が約3100万株となっている。8日に神戸製鋼所がアルミ製品の強度などの性能データを改竄していたと発表した後、日産自動車とSUBARU(スバル)、マツダが、三菱自動車、ホンダが神戸製鋼製アルミを自動車に使っていたことを相次いで明らかにした。さらに、鹿児島県の種子島宇宙センターから10日に打ち上げられたH2Aロケットに使われていたことも新たに判明するなど、問題が自動車メーカーから鉄道、航空宇宙分野まで広がりを見せている。自動車で安全性に関わる重要部品で強度不足などが確認されれば、大規模なリコール(無料の回収・修理)に発展する可能性がある。H2Aロケットを製造した三菱重工業によると、ロケットの一部にアルミ製品が使われていた。技術的には問題がないことを確認したという。詳細は明らかにしていないが、他のロケットにも使用されていないか調査する。
2017.10.08 神戸製鋼所は8日、アルミ製品の一部の性能データを改ざんして納入していたと発表した。三菱重工業によると、開発中の国産初のジェット旅客機MRJ(三菱リージョナルジェット)にも使われているという。神戸製鋼は昨年にもグループ会社によるステンレス製品のデータ改ざんが発覚しており、信用力の低下は必至だ。製品の供給先は約200社に及ぶとする一方、具体的な社名を明らかにしていない。アルミ製品のデータ改ざんは一部では10年ほど前から行われていたという。栃木、三重、山口の同事業の全ての工場で発覚し、神奈川県にある子会社の銅製品をつくる工場でも改ざんがあった。三菱重工は、神戸製鋼がデータ改ざんしたアルミ製品について、安全性に問題はなく、MRJの開発には影響しないとの見方を示した。神戸製鋼の梅原尚人副社長が東京都内で記者会見し「深く反省し、おわび申し上げます」と謝罪した。経済産業省に報告し、同省から法令違反や安全性に関わる事実関係を調査するよう指示を受けたという。
2017.10.03 覚醒剤を所持していたとして、栄署は覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで、JR東日本横浜支社の安全企画室の男性副課長(46)を現行犯逮捕した。逮捕容疑は、1日午後4時半ごろ、自宅で小袋に入った覚醒剤を所持したとしている。同署によると、「自宅で使うために持っていた」と容疑を認めている。情報提供を基に同日に自宅を捜索し、阿部容疑者のバッグやベッドの下から小袋を見つけた。注射器4本など使用器具も押収した。 横浜支社は「社員が不祥事を起こし、申し訳ない。教育を徹底する」とのコメントを出した。
2017.10.02 日産自動車は2日、新車の無資格検査問題で、販売済みの約121万台に対するリコール(無料の回収・修理)を今週中に国土交通省に届け出ると発表した。横浜市の本社で記者会見した西川広人社長は、無資格検査は「1回のミスではなく、1グループの行為でもない」と述べ「あるところは常態化」していたと説明した。西川氏は「心からおわびする。あってはならないことだ」と謝罪した。日産や販売店が在庫として持つ約3万4000台について再点検を実施し、終了後に3日から販売を再開する。経営陣の責任については、無資格検査の調査結果を踏まえ「管理監督責任も含め考える」と述べた。リコールは平成26年10月から29年9月の問題発覚までに製造され一度も車検を受けていない車が対象。リコールに伴う費用は、250億円程度を見積もっているという。 2日の東京株式市場では日産の株価が急落した。
2017.10.02 東芝の米原発事業による巨額損失をめぐり、金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の疑いがあるとして、証券取引等監視委員会が調査する方向で検討していることが1日、関係者への取材で分かった。東芝は平成29年3月期決算に約6500億円の損失を計上したが、監視委はこのうち数千億円については28年3月期に計上すべきで利益の過大計上の疑いがあるとみているもようだ。東芝は27年4月に発覚した国内部門の不正会計で過去最高となる約73億円の課徴金納付命令を受けたが、調査の結果、虚偽記載と認定されれば、再び課徴金納付命令勧告が出される。虚偽記載の疑いがあるのは、米原発事業の子会社だったウェスチングハウス・エレクトリック(WH、経営破綻)が27年12月に買収した米原発建設会社で発生した損失約6500億円の会計処理。
2017.10.02 勤務していたゲームソフト大手「スクウェア・エニックス」(東京都新宿区)でゲーム機を不正に発注、転売していたとして、警視庁新宿署は2日までに、背任の疑いで、元社員の高田浩二容疑者(56)=東京都多摩市=を逮捕した。逮捕は9月13日。逮捕容疑は、平成23年から平成25年にわたり、携帯型ゲーム機「ニンテンドー3DS」などの不正発注を繰り返し、会社に約140万円の損害を与えた疑い。同社は高田容疑者を25年11月に懲戒解雇。27年12月に新宿署に背任容疑で告訴していた。「再発防止のため、社員の教育に努める」とコメントを出した。同社は人気ゲームシリーズの「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」を発売していることで知られる。
2017.10.02 17歳の少女に現金を渡してみだらな行為をしたとして、警視庁中野署は、児童買春・ポルノ禁止法違反(買春)の疑いで、国立成育医療研究センターの男性小児科医師(32)を逮捕した。逮捕容疑は8月7日、東京都豊島区のラブホテルで、都内に住む無職の少女が18歳未満と知りながら、現金3万円を渡してみだらな行為をしたとしている。「弁護士と相談した上で、後でお話しします」などと黙秘しているという。同署によると、有里容疑者は別の無職の少女(16)に「16、17歳で援助交際してくれる人がいないか」と依頼。16歳の少女が「他の子も紹介してお金をもらった」などと話していることから、別の少女に対する買春を行っていた可能性があるとみている。同署は警察官が身分を明かさずに少女らとネット上でやりとりし、実際に会って補導する「サイバー補導」で、被害少女によるツイッターへの援助交際を求める投稿を発見し捜査していた。

※ こちらの情報は新聞に掲載された記事を元に作成しています。
転載のご依頼は当フォーラムまでお問い合せください。

記者発表から、迫真のインタビューを体験するセミナー

イメージ
あなたの会社が、何らかのトラブルで記者会見を行わなければいけない...。突然の記者会見対応...。そのときになってからでは、間に合いません。いざというときのために、模擬的な記者会見を体験して、事前対策をするのはいかがでしょうか。
  詳しくはこちら  

▲PageTop