情報調査部

最新の企業事件・不祥事リスト

新聞などマスコミで報じられた広報関連の企業事件情報です。

(2018年2月22日現在)

危機管理メディアトレーニングのご案内
インタビューや記者会見などの対応スキルを学ぶ研修プログラムです。講師は新聞・テレビの現役記者、カメラマンが務めます。
【詳しくはこちら】

危機管理メディアトレーニングセミナーのご案内

2018年2月

2018.02.20 東京地検特捜部は20日、恐喝未遂の疑いで、東京法務局男性職員(55)を逮捕した。 この職員は国を当事者とする訴訟等について、国を代表し国の立場から裁判所に対する申立てや主張・立証 などの事務を担当する訟務部上席訟務官で、民事訴訟の相手方代理人弁護士から別の訴訟資料がご送信された事について、本件が情報漏えいでネット上で問題化するのを阻止するという名目で、現金を脅し取ろうとした。上司の東京法務局長は「当局職員が逮捕されたとすれば誠に遺憾であり、事実関係を確認の上、厳正に対処していく」などとコメントしている。
2018.02.20 高知医療センター(高知市)で2017年末、50代女性の食道がんの手術で執刀医が勘違いし、胃の一部を切除すべきところ、全摘していたことが2月19日判明した。施設側は女性に対して賠償金支払いで済まし、手術に立ち会った医師らについては口頭注意程度で処理したという。
2018.02.16 2017年10月、日本ハムの執行役員(当時)の男性が羽田空港のラウンジで飲食をした際に、航空会社の女性従業員に性的な内容を含む発言をしていたことが2月16日判明した。この席には、末沢寿一社長(当時)も同席していた。2人はいずれも今年1月29日付で辞任したが、理由について日本ハムは「一身上の都合」とだけ説明していた。なお、末沢氏はプロ野球「北海道日本ハムファイターズ」オーナーも務めている。報道によると同執行役員は、「彼氏とする時は制服でするの?」などと発言していたという。
2018.02.16 日本のアニメ等を海外に売り込む為の官民ファンド、「クールジャパン機構」で同機構の幹部や出向していたキャリア官僚が女性職員にセクハラを繰り返していた事件で、被害を受けていた元派遣社員の女性が同機構を提訴したことが15日分かった。2017年7月に女性は同機構の懇親会でセクハラを受けたとして被害を受けた数人と労働組合を結成したが、その後派遣切りにあっていたという。女性の代理人弁護士らは不当労働行為にあたるとして同機構やキャリア官僚らにに2000万円の損害賠償を求めている。
2018.02.16 神奈川県警は2月15日、横浜市の青葉郵便局の元郵便部長(52)を収賄と背任の疑いで逮捕した。元部長はDMの発送会社「ティーティティーオー」の幹部(41)らから計60万円相当のキャバクラ接待を受け、見返りとして同社が持ち込んだDM数量の過少申告を黙認し、日本郵便に1億円を超える損害を与えたとみられる。不正は2017年8月の内部調査で発覚していた。
2018.02.16 2017年9月25日、日大歯学部付属歯科病院(東京都千代田区)で口腔がんの手術を受けた都内の70代の男性の容体が手術直後に急変し、死亡していた件で、警視庁神田警察署は病院側の処置に問題があった可能性があるとして調査している。死亡した男性は「舌がん」と診断され、手術を受けたが、数時間後に容体が急変し、搬送先の別の病院で死亡が確認された。神田署に「異常死」として届け出があった。
2018.02.09 三菱マテリアルは8日新たにグループ会社3社で品質データ改竄があったと発表した。不正があったのは、三菱アルミニウム(東京)、立花金属工業(大阪市)、ダイヤメット(新潟市)の三社。経団連では、一連の不正事件で、会員企業に不正の有無の総点検を求めていたが、三菱マテでは今回の3社については報告していなかった。
2018.02.09 2017年12月26~29日に長野県菅平高原でのスキーキャンプで、31人が嘔吐を繰り返すなど、ノロウィルスの集団感染が発生。長野県は本件について、公表していなかったことが2月8日判明した。長野県上田保健所は宿泊先での食事が原因ではなかったなどと説明している。
2018.02.01 京都大学は、2017年2月の入学試験で出題ミスがあったとの検証結果をまとめた。このミスで、合否判定の影響を受けた受験生は20人に上る模様。今年1月中旬に外部からの指摘で同大が検証していた。同様の重大ミスは2017年2月の旧帝大の大阪大学の入学試験でも発生、大阪大学は外部の指摘にもかかわらず約1年後の2018年1月にミスを認めた。隠ぺいを図ったかのような阪大の対応は批判されている。
2018.02.01 都内のインターネット関連会社が、検索サイト「グーグル」で自社名を検索すると「詐欺」などと虚偽表示で名誉が傷つけられたとして、米グーグルに検索結果の削除を求めた訴訟で東京地裁は31日、請求を棄却した。鈴木正紀裁判長は「被害者に重大で回復困難な損害が生じる恐れ」がある場合には削除が認められるとの判断基準を示した上で、「検索結果が真実でない証拠がない」として会社側の請求を退けた。
2018.01.26 栃木県警は24日、栃木県下野市役所の職員が職場のパソコンを操作して自分の給与を水増ししたとして、詐欺容疑で逮捕した。逮捕されたのは、同市役所総務人事課人事給与グループの男性主幹(49)。給与を水増しした公文書と虚偽の振り込みデータを作成し、自分名義の複数の口座に入金させていた。給与額の計算は、同容疑者が1人で担当。月給は最大で300万円以上、賞与は500万円以上受け取っていたという。これまで不正に受け取った金額は3千万円を超えるとみられる。ギャンブルや借金返済に充てたと供述している。
2018.01.25 新潟大は24日、医歯学総合病院に勤務する20代の薬剤師の男性職員が同僚に暴力をふるったなどとして停職1カ月の懲戒処分にしたと発表した。同職員は2017年の9月22日の勤務時間中に同僚の胸ぐらをつか無など、軽傷を負わせたという
2018.01.25 千葉県警生活経済課は24日、効能がないのにがんなどに効くなどとしてサプリメントを販売した福岡県のセル源販売本社社長(56)を医薬品医療機器法違反(未承認薬の広告の禁止)の疑いで逮捕した。同社長は「売り上げにつながればいいと思った」などと容疑を認めているという。2015年の1月から2017年の10月にかけて、主にインターネット販売約3千万円を売り上げたとみられる。販売した錠剤の成分は、主にミネラルで健康被害は起きていないが、ボトル一本を通常の2-9倍の1万円で売っていた。
2018.01.16 2012年神奈川県逗子市で起きたストーカー殺人事件で、刺殺された女性(33=当時)の住所を当時の市職員が加害者側に漏らしたのプライバシー侵害に当たるとして、遺族が市に慰謝料など1100万円を求めた訴訟の判決で、横浜地裁横須賀支部(前沢功裁判長)は15日、市側の過失を認定し110万円の支払いを命じた。裁判長は住所を第三者に告知したのは地方公務員法上守秘義務違反に当たるとした。ただし、殺人事件との明確な因果関係は認めなかった。
2018.01.16 出版社の「幻冬舎」(東京都渋谷区)は15日、同社ホームページから第三者による不正アクセスで会員情報の一部が流出した可能性があると発表した。流失した可能性のあるのは、9万3014人分の名前、メールアドレスなど。カード番号や住所などは流出していない。フィッシングメールなどが届いた会員からの報告で判明したという。
2018.01.16 破産手続き中の旅行会社「てるみくらぶ」の社長山田千賀子(詐欺罪などで起訴)の自宅から現金約700万円を警視庁が押収していたことが判明した。破産管財人に申告しておらず資産隠しの疑いがある。同社の負債総額は、約151億円に上るが、資産は昨年11月時点で1億8800万円。警視庁では他に隠し資産がないか捜査を進めている。
2018.01.10 千葉地検の支部が器物損壊で逮捕し、現在服役している男に対して、被害女性の住所を開示していたことが分った。服役中の男は、当該裁判中に地検から開示された調書から被害女性の住所を知ったとみられる。男は、この被害女性とは面識がないが、刑務所から脅迫まがいの手紙を複数回送り付けているという。女性は国や男の元弁護人らに6300万円の慰謝料を求めている。女性は裁判中から個人情報を男に伝えないよう要望していており、脅迫状についても刑事告訴したがさらなる報復を恐れて取り下げたという。
2018.01.10 大阪大学が昨年2月の入試でミスをし、本来合格の30人を不合格としていた事件で、当該30人に対して転入を希望する際には入学金と前期の授業料計約55万円の支払いを猶予すると発表した。また、慰謝料についても検討するという。一方で、本来は不合格だった受験生30人が合格となっている。入試ミスについては昨年の6月から再三にわたり指摘されていたが、阪大側は取り合わなかったという。
2018.01.05 日本相撲協会評議員会は4日、理事の貴乃花親方(元横綱)の理事解任を全会一致で決めた。評議員会議長の池坊保子元文部科学副大臣は記者会見し、理事解任の理由として、暴行事件の報告義務違反や調査協力拒否をあげた。さらに「特に上司であり、先輩でもある八角理事長(元横綱)が何度電話をかけても全く応答がなく、折り返しの電話もないというのは著しく礼を欠いている」と非難した。
2018.01.05 新潟県警は段ボールなどのごみ7キロを他人の私有地に不法投棄したとして、10代と20代の男性巡査2人を廃棄物処理法違反の疑いで2017年11月に書類送検していたことが県警への取材で5日判明した。捨てた段ボールには当人たちの住所や氏名が記されており、近隣住民の通報で発覚した。県警は「法を守るべき警察官がこのような事案を起こし誠に遺憾。職員に対する指導を徹底し、再発防止に努める」などとコメントしている。

※ こちらの情報は新聞に掲載された記事を元に作成しています。
転載のご依頼は当フォーラムまでお問い合せください。

記者発表から、迫真のインタビューを体験するセミナー

イメージ
あなたの会社が、何らかのトラブルで記者会見を行わなければいけない...。突然の記者会見対応...。そのときになってからでは、間に合いません。いざというときのために、模擬的な記者会見を体験して、事前対策をするのはいかがでしょうか。
  詳しくはこちら  

▲PageTop