フジテレビ商品研究所

商品開発支援

「プロダクト・リデザイン」を始めました

既存製品のリデザイン

すでに販売している商品やお蔵入りになっている商品のブラッシュアップを承ります。埋もれてしまっている商品も新しい付加価値の提案や、既存のコンセプトやターゲットを少し変えることで新しい商品として生まれ変わります。

日用雑貨品から家電製品まで、家庭内で使われるさまざまな商品の開発サポートを行っております。「海外で設計しているが、センスが悪く見栄えが悪い」「新しい商品のアイデアはあるのだけれど、どんな形にすればよいかわからない」など、生活科学研究室では商品の企画・開発段階でのアドバイスからデザイン提案、試作品製作などを行うことが可能です。

商品企画などの開発アドバイス

市場動向の調査から商品企画のアイデア出し、設計・デザインのアドバイスを行います。また、研究員の企画会議などへの出席やブレーンストーミングも可能です。 開発段階における性能検査や実験方法などのアドバイスもコンサルティング業務として承っておりますのでご相談ください。 デザインのご依頼の流れについて

商品外観デザインやブラッシュアップ

商品の基本コンセプトやターゲット、外観のラフデザインを作成いたします。安全に使用できるか、使い勝手はよいのか、ご希望の性能を満たしているかなど妥当性を確認しながら機能がそのままカタチとなる使いやすいデザインを心がけています。大切に長く使っていただける「これイイね」という商品デザインをご提案します。 デザインのご依頼の流れについて

試作品の製作

2次元のデザインだけでなく、お預かりした設計図に基づいた立体物の試作品製作も承っております。外観の雰囲気を確認するための手作り試作品から営業活動にも使用できる量産品に近い試作品までの製作を承ります(試作品製作は3Dの図面データのご支給をお願いします)。 デザインのご依頼の流れについて

▲PageTop