フジテレビ商品研究所

測定機器の一覧

力学系測定機器・光学系測定器・電気系測定器・温度測定器などの測定機器類、
電気炉、オーブン、恒温恒湿槽、ウォーターバスなどの試験機器類など
化学分析機器を除いたいろいろな測定機器を揃えて、
幅広い試験に対応できるように準備しています。
一部の小型機器に関しては、テレビ番組などへの貸し出しも行っております。

卓上試験機

引っ張り試験、圧縮試験の両方の試験が可能です。

引っ張り試験では、プラスチックシート、木材、紙などの素材から、ポリ袋、粘着テープ、包装材などの半製品の引っ張り強度や接着強度をお客様のご要望に合わせて測定いたします。

【測定可能な試験例】
・ 温度負荷をかけた前後の引っ張り強度比較
・ 素材の引っ張り強度
・ 接着力・吸着力の測定
・ 一定の力で引っ張ったときの変形量の測定
・ 一定量の力で繰り返し引っ張った後の変形、劣化状態の測定

圧縮試験ではやわらかい材料を圧縮し素材の変質・変形を確認する圧縮試験を行っております。

【試験例】
洗濯機のゆれ止めゴムの特性比較
ステレオの防振ゴムの性能比較
家具の転倒防止グッズの性能比較や劣化試験

電気オーブン

410℃まで加熱でき、合成樹脂の耐熱試験が可能です。 合成樹脂製品に耐熱試験は、JIS S2029などの基準に従って、基準温度から10℃刻みで行っています。椀、コップ、シール容器、弁当箱、ざる、はし立て、パンケース、まな板などの食器、台所用品から湯たんぽ、洗いおけ、ゴミ容器などまで、40cm四方までの幅広い樹脂製品の試験が可能です。

消費電力計

暖房器具、調理家電、AV機器など家庭で使われる電気製品ならどんな商品でも消費電力量の測定することができます。使用時の電力量だけでなく、テレビなどの待機電力量を始めとした微小電力の測定も可能です。また、この消費電力計に記録計を接続することで消費電力量の変化を記録することができ、乾燥機能つき電気洗濯機の電力量の推移などが観察可能になります。

光ファイバー温度計

電子レンジの庫内は熱電対などの金属のセンサーを使った温度計では測定することはできないため、電子レンジで調理した食品の内部の温度を測定したい場合は、調理後に取り出してから測定するしかありませんでした。しかし、この光ファイバー温度計はデジタル温度計で唯一電子レンジの稼働中に食品内部の温度が測定できるので、調理中の温度変化の記録を取ることや、レンジ出力ごとの調理時間の確定に使用することができます。

熱画像撮影装置

温度により色分けして画像表示できる装置で、フライパンの温度ムラや冷蔵庫の発熱場所の確認などに利用可能です。太陽光など外光の影響を受けやすいので、暗い場所で撮影できる素材限定となります。

恒温恒湿機

温度が-20℃〜+80℃、湿度0〜100%まで可変できる装置です。プログラム運転が可能であるため、温度サイクル試験も可能です。プリント基板の耐熱試験や故障解析などに利用可能です。

記録計

最大32点までの温度、電圧の測定、記録が可能です。熱電対を直接接続して電気製品の内部温度の多点記録などに利用可能です。また、電圧の測定も可能なため、粉塵計や光ファイバー温度計を接続することで、各測定器出力の連続記録も可能になります。

色差計

色を数値化して表示することが可能です。特に色の微妙な差を測定することが可能なので、食品の色の変化や、塗料の違いなどの判別に利用可能です。また、アダプターを接続することで、液体の透過色の測定も可能です。ジュースの色の違いなどに利用が可能です。

照度計

照明の明るさなどを測定する装置で、明るさだけでなく色合いも測定することができるので、LED照明の色の違いなどの測定などに利用することができます。

▲PageTop