フジテレビ商品研究所

モニターテストの契約方法

IPM研究室では、室内環境中で健康被害を及ぼすダニ・微小昆虫類・カビなどの研究や、美術館のカビ汚染での実態調査や、公共施設でのカビ調査とアドバイスなども行っています。 調査実施までの手続きは下記の流れを参考にしてください。

ご依頼例 「ダニに関する抗菌性能試験を実施し、その効果を検証したいが、どのような試験ができるのか、費用はどのくらいかかるのか、申込みからデータ受領までどのくらいの日数がかかるのか。」

1

メールによるお問い合わせ

HPのお問い合わせフォームよりメールにてお問い合わせください。内容はできるだけ具体的にお書きください。 お問い合わせはこちら

1
2

計画書、お見積もりの提示

折り返しIPM研究室の担当者から、お電話をさしあげます。内容を確認の上、試験内容の計画書と費用概算をメールにて返信させて頂きます。計画書にて納期までの目安をご提示させていただきます。お見積もりは無料です。

1
3

お打ち合せ

その内容について、試験を依頼したい場合は、今後のスケジュール、試験に関わる諸項目についての確認等、試験実施に向けての詳細な打ち合わせを行います。

1
4

業務の受注・実験開始

お客様からのご依頼が確定しましたら、事前に契約書を締結し、調査・試験・研究を開始いたします。

1
5

報告書の提出

実験が終了しましたら、報告書を提出、内容をご報告させていただきます。テレビ出演の場合は、テレビ収録終了にて業務終了となります。

IPM研究室では、「ダニ」「カビ」「微小昆虫類」「抗菌性評価」など
室内環境の有害生物の研究・調査に対応いたします。

【室内環境生物分野の試験および研究】
  • 室内環境中で健康被害を及ぼすダニ・微小昆虫類・カビなどの研究
  • 喘息やアトピー性皮膚炎などのアレルゲンとなる生物の研究
  • 大学や国公立の研究機関との共同研究
  • 空気清浄機の除菌性能評価、抗菌素材の性能評価などの商品実用試験
  • 異物混入検査

▲PageTop