エフシージー総合研究所・フジテレビ商品研究所

2018年研究発表

東京お台場地区(江東区青海)で捕獲した
クマゼミCryptotympana facialisの記録

【都市有害生物管理】(都市有害生物管理学会誌)第8巻第1号(2018年6月20日発行)

Record of Blackish cicada ( Cryptotympana facialis ) captured in Tokyo Odaiba district (Aomi, Koto-ku, Japan)


川上裕司/株式会社エフシージー総合研究所 IPM研究室

Abstract:I captured a female Blackish cicada (Cryptotympana facialis) on the stairs of a pedestrian bridge in Tokyo, Odaiba on August 26, 2017. There are some reports on its distribution in our country, but remains unclear whether it inhabits Tokyo in large number. I heard the call of Blackish cicada for the first time in Odaiba in the summer of 2016. Furthermore, based on what I heard in the summer in 2017, and the capture of a female cicada, it appeared that this species is more likely to settle in Odaiba. In Osaka-shi, the Optical fiber cable snapping accident and noise pollution owing to the call of Blackish cicada were reported. Therefore, this insect is recognized as an urban insect pest. In Osaka-shi, I comment on the process that became an urban insect pest of this species.

Laboratory of Integrated Pest Management, FCG Research Institute, Inc.,
1-1-20-6F Aomi, Koto-ku, Tokyo, 135-0064, Japan

キーワード:クマゼミ(Cryptotympana facialis),セミ科(Cicadidae),お台場(Odaiba),騒音公害(noise pollution),光ファイバーケーブル(Optical fiber cable)

要約

 2017年8月26日に東京・お台場の歩道橋の階段でクマゼミ(Cryptotympana facialis)のメス1個体を捕獲した.我国の本種の分布調査は時々報告されているが,東京都内における生息については鳴き声を聞いたか否かの記録が主たる報告である.著者は2016年夏季に初めてお台場でクマゼミの鳴き声を聞き,2017年夏季にも聞いている.また,捕獲個体がメスであったことなどから,お台場で本種が定着している可能性が高いと推察する.大阪市内では鳴き声による騒音公害や光ファイバーケーブルの断線事故を引き起こす事例が報告されており,本種は都市害虫として認識されている.大阪市内の事例も併せ,本種が都市害虫となった経緯について解説する.

クマゼミ

IPM研究室では、「ダニ」「カビ」「微小昆虫類」「抗菌性評価」など
室内環境の有害生物の研究・調査に対応いたします。

【室内環境生物分野の試験および研究】
  • 室内環境中で健康被害を及ぼすダニ・微小昆虫類・カビなどの研究
  • 喘息やアトピー性皮膚炎などのアレルゲンとなる生物の研究
  • 大学や国公立の研究機関との共同研究
  • 空気清浄機の除菌性能評価、抗菌素材の性能評価などの商品実用試験
  • 異物混入検査