エフシージー総合研究所・フジテレビ商品研究所

2014年研究発表一覧

研究発表一覧

発 表 日 場 所 大会名 演 題
2014年
12月5日〜6日
工学院大学新宿キャンパス 平成26年室内環境学会学術大会 一般住宅の寝室から採取したハウスダストに含まれるダニ,昆虫,真菌の調査
2014年
12月5日〜6日
工学院大学新宿キャンパス 平成26年室内環境学会学術大会 室内空間における2-メルカプトピリジン-N-オキシド含有複合剤の抗菌効果
2014年
12月5日〜6日
工学院大学新宿キャンパス 平成26年室内環境学会学術大会 住宅地と隣接する農地および住宅造成地におけるAspergillus fumigatus の分布調査・第2報
2014年
9月24日〜25日
きゅりあん 第41回日本防菌防黴学会 カビアレルゲンデータベースの構築とその活用
2014年
9月24日〜25日
きゅりあん 第41回日本防菌防黴学会 2-メルカプトピリジン-N-オキシド含有複合剤のエアロゾル散布による抗菌効果
2014年
9月18日〜20日
富士Calm 第11回昆虫病理研究会シンポジウム 複数手法によって明らかとなった国内昆虫由来Beauveria属糸状菌の系統関係
2014年
6月27日〜28日
日本大学生産工学部 津田沼キャンパス 都市有害生物管理学会
第35回年次大会
一般住宅の寝具の室内塵性ダニ類,昆虫,真菌の分離調査(第1報)
2014年
6月27日〜28日
日本大学生産工学部 津田沼キャンパス 都市有害生物管理学会
第35回年次大会
2-MPO複合製剤による抗菌・抗カビ効果に関する研究
2014年
6月27日〜28日
日本大学生産工学部 津田沼キャンパス 都市有害生物管理学会
第35回年次大会
一般住宅におけるノシメマダラメイガの微胞子虫感染調査
2014年
3月27日〜30日
京王プラザホテル 日本農芸化学会
2014年度大会
カビアレルゲンデータベースの構築
2014年
2月8日
第一ホテル東京 真菌症フォーラム
第15学術集会
環境中から分離されたA. fumigatusの薬剤感受性についての検討

掲載論文一覧

掲載論文
【都市有害生物管理】東京都内の住宅におけるチャタテムシの分布およびアレルギーを起こす節足動物と真菌類の調査PDF ファイルのダウンロード
【空気清浄 第52巻 技術解説】 川上裕司(2014):室内浮遊カビとマイコトキシン
【日本音響学会講演論文集】 張博、大塚哲郎、川上裕司(2014):超音波を用いた木材の食害防止に関する研究 -網の効果- PDF ファイルのダウンロード
川上裕司・橋本一浩(2014):一般住宅における室内浮遊真菌の日内変動調査.室内環境 17, 00−00(6月1日登載決定).
Hashizume H., Umayahara T. and Kawakami Y. (2014) : Pancake syndrome induced by ingestion of tempura. British Journal of Dermatology, 170, 213-214.

2006年から本年までの執筆書籍一覧

執筆書籍一覧
吸入性アレルゲンの同定と対策,監修 国立病院機構相模原病院 臨床研究センター
谷口正実・福冨友馬

阪口雅弘・佐橋紀男・高鳥浩介・西岡謙二 
第1章 吸入性アレルゲン ダニ<生物学的側面と環境中の分布状況>,昆虫<生物学的側面と環境中の分布状況> 川上裕司,メディカルレビュー社(2014年6月20日)
ISBN978-4-7792-1195-9
住居医学Ⅴ<18名分担執筆>,第4章住居に発生する昆虫と微生物との関係,
川上裕司,米田書店(2011年8月10日)
室内環境学概論<川上裕司編集委員長,他30名分担執筆>,第4章有害動物および愛 玩動物と室内環境執筆,川上裕司,東京電機大学出版局(2010年11月31日)
「自然素材」でかんたん防虫、<身近なものをつかった虫よけ・虫退治法>,
善財裕美・川上裕司,PHP研究所(2010年5月24日)
博物館・美術館の生物学―カビ・害虫対策のためのIPMの実践―,
川上裕司・杉山真紀子,雄山閣(2009年8月30日発行)

環境科学研究室では、「ダニ」「カビ」「微小昆虫類」「抗菌性評価」など
室内環境の有害生物の研究・調査に対応いたします。

【室内環境生物分野の試験および研究】
  • 室内環境中で健康被害を及ぼすダニ・微小昆虫類・カビなどの研究
  • 喘息やアトピー性皮膚炎などのアレルゲンとなる生物の研究
  • 大学や国公立の研究機関との共同研究
  • 空気清浄機の除菌性能評価、抗菌素材の性能評価などの商品実用試験
  • 異物混入検査

▲PageTop