フジテレビ商品研究所

今までの研究レポート

日皮協会員研修会 特別講演

日皮協会員研修会
特別講演
「メディアの中の化粧品評価」

当研究所が行った化粧品比較実験の記事にいたるまでの背景とその実験手法、新製品の化粧品性能等についてお話をしてきました。

講演概要

  • 日 時:2007年3月22日(木)
  • 表 題:日皮協会員研修会 特別講演
  • 講 師:暮らしの科学部・部長 菅沼 薫
  • 主 催:日本産業皮膚生成協会(日皮協)京都市下京区西七条南西野町60
  • 場 所:リーガロイヤルホテル京都

テーマ

「メディアの中の化粧品評価
ー女性誌の化粧品比較実験からメガネ拭き洗顔ブームまでー」

講演要旨

 近年、インターネットの発展に伴い化粧品情報は、洪水のように巷に溢れ過剰すぎる情報に溺れそうである。このような時代においては、化粧品や美容情報も質が問われるようになった。そこで、メーカーの宣伝ではない真の化粧品情報が求められている。

 1999年より月刊の美容系女性誌(講談社発行VOCE:ウォーチェ)に、当研究所が読者に見て分かる化粧品比較実験を行い、化粧品の特徴や結果をありのままに掲載している。これらの特集は、読者の注目度も高く、化粧品技術者・開発者にとっても高い関心を持たれている。

 講演では、記事にいたる背景とその実験手法、新製品の化粧品性能や特徴、消費者の求めているもの、日本女性の意識や特質などについて述べた。
 また、テレビ番組を通してブームになった「めがね拭き洗顔」から、東レの洗顔用クロス開発秘話などにも触れた。

(2007.04.22 美容・健康・料理研究室)

「メディアの中の化粧品評価ー女性誌の化粧品比較実験からメガネ拭き洗顔ブームまでー」

「メディアの中の化粧品評価ー女性誌の化粧品比較実験からメガネ拭き洗顔ブームまでー」

▲PageTop