Vol.157 ゆかたブラで浴衣を楽しもう!

2003年7月29日更新

 今年も花火大会の季節になりました。普段、着物には無縁というお嬢様方も、やっぱり花火大会には浴衣を着て出かけたい!っと、思っている方、多いですよね。

  
ゆかたブラで浴衣を楽しもう!
  

 浴衣は湯上りの夕涼みに着る着物ですから、花火大会に出かける時に着るものとしてはうってつけな服なのです。
 そこで、今回は浴衣をきれいに、快適に着るための下着や着方をご紹介しましょう。

 着物を着るときは、ブラジャーは付けないというのが原則です。これは、もともと着物の作りからきているもので、直線立ちの着物を着崩れすることなく着るには、できるだけ体の凸凹(洋服では胸と腰が出ていて、ウエストが引っ込んでいるというメリハリのあるボディーラインが美しいのですが)を無くして、丸太ン棒のような体にして着るのがベストとされ、そのために、胸の大きい人はサラシを巻き、ウエストのくびれているところはタオルで補正するといいのが和服の着方の基本になります。そうは言っても、夕涼みに着るのにそんな大層な事をしたら、着れたもんじゃないわ!と思いますよね。

 そこで、トリンプインターナショナルから今年も発売された「ゆかたブラ」をお勧めします。これは、サラシは巻けないけど、ノーブラで着るのも抵抗あるし、ちゃんと胸は収めていたいという人にはうってつけです。着物着用、とくに浴衣の着用を考えて作られたブラジャーですから、胸のVが深くカットされたデザインで、胸元にはレースやドットプリントがあしらってあって、胸元からチラッと覗いてもおしゃれなデザインになっています。特にうれしい配慮が、ノンパットでワイヤーなし、フックなしで、上から帯を締めても痛くなったりしない配慮がされているところ。さらに、脇からインナーが見えても大丈夫なように、ブラジャーのアンダー部分のベルト幅を広くしてありますから安心ですね。
 このブラジャーは、「ゆかたブラ」とは言え、ソフトタイプで乳房をしっかりとサポートしてくれますので、始めてブラジャーをするローティーンの方や休日にのんびりと過ごすための下着としては最適でしょう。
 この季節、浴衣を着るときは汗をかきますので、必ず肌襦袢を着るようにしましょう。これは、買ってもいいのですが、市販の晒しの反物(1反1000円程度です)でも作れますので試してみてください。直線縫いなので案外、失敗なく作れますし、晒しですので、こちらを洗濯すればいいですから、浴衣をひと夏着てから洗うということをしても、黄ばみが気にならないのでいいですよ。