(93) 油性インクの落書き落とし
〜いろいろ試してみました!〜

 新学期、子供が幼稚園や小学校でお絵かきを始めたら、家の中でもいろいろな物に落書きして困るというご家庭もあるのではないでしょうか。

 油性インクで描いてしまった落書きを簡単に落とす方法がないか、身近にある物を使って試してみました。

 テストした油性インクは赤と黒の「マジックインキ(写真上)」と「マッキー(同下)」。電化製品の壁面にも使われるカラー鋼鈑に落書きして1時間後、4回折って16枚重ねにしたキッチンペーパーの上に1kg荷重の重石を載せて30回こすりました。やり方は6パターン。(写真右から) ①何もなし ②バター ③サラダ油(キャノーラ油) ④口紅 ⑤食器用洗剤 ⑥消毒用エタノール(70%エタノール)です。


油性インクを落としてみた結果

 何もつけずに擦っただけでは油性インクは全く落ちません。ところが、②のバターを使うとマッキーの黒以外はきれいに落ちました。③のサラダ油ではマジックインクは落ちるもののマッキーは赤色も少し残ります。家庭にある油ではサラダ油よりバターの方が落とす力は上回っているようです。

 ④の口紅はマジックの黒は落ちるもののマジック赤の落ちはわずかににじむ程度。口紅は、それに含まれる油分が油性インクに馴染んで落とす作用があると言われますが、バターやサラダ油に比べると、その効果は小さいようです。油に馴染む性質のある界面活性剤を主成分とする⑤の食器用洗剤では、マッキーの赤はキレイに消えましたが、その他のインクには効果がありませんでした。メーカーの違いで界面活性剤の効果が違うようです。⑥の消毒用エタノールは、①と同レベルで全く効果はありませんでした。


 油性インクのメーカーの違いやインクの色の違いで、その落ち方に違いはありましたが、家庭にある油性物質のバターやサラダ油の落とす力は試してみる価値がありそうです。ただし、壁紙など油がにじんで浸み込んでしまうようなところの落書きには使えませんので、必ず、目立たないところで試してから本格的に落とす作業をして下さい。

(2015.04.10)

産経新聞掲載記事『比べる×調べる』

【関連情報】
(93+)追試:油性インクの落書き落としではバター、柑橘類にレンジ周り洗剤を加えて行った追試験の結果を紹介しています。あわせてチェックしてみてください。

生活科学研究室