(136) 首元・肩を温める温熱グッズ


 寒さが厳しい日が続いています。肩や首周りが冷えると身体の不調を感じやすくなります。今回は手軽に首元や肩を温めることができる温熱グッズを比べました。

 


 用意したのは、A:肩・首もとに直接貼るタイプ(蒸気式) B:首周りに密着できる柔らか湯たんぽ C:ヒーター内臓の電動式ケープ D:蒸しタオルの4タイプです。蒸しタオルは濡れたタオルを電子レンジで温め、粗熱をとってから使用しました。

 まず、樹脂製マネキンにAからDをそれぞれ15分間使用した、直後の温度分布をサーモグラフィーで撮影。次に、着用部位の温度変化は熱電対を用いて測定しました。使用感については、研究員が実使用して比べました。

 その結果、15分間使用後の赤い部分の広がりは、大きい順にB▷A▷C▷Dでした。BとAはしっかり密着して熱を伝えた一方で、Cのケープは、ケープ全体が均一に温まっていないことが分かりました。着用部位の温度変化をみると、Dは30秒で最高温度に達した後、10分程度で温度が下がり温かさが持続しないのに対し、AとBは速やかに温度上昇した後、Aは10分後、Bは15分後には40℃を保っていました。一方、Cは穏やかな温度上昇で、15分後で33℃という温度でした。






 研究員の使用感は、Dはつけた直後に最も温かさを感じましたが、10分弱で熱を感じなくなり、その後は冷たくなり不快感を覚えました。Aは貼って1分程度で熱を感じて、30分後には貼った部分から少し発汗するくらいの熱を感じました。また、直貼りタイプで軽量なので動きながら使用できる利便性も感じました。Bは2、3分で温まり数時間熱を感じましたが、若干、湯たんぽの重みを感じ、寝ながら使うのに適しているようです。Cは肩全体にゆっくりと熱を感じるので、熱いのが苦手な人にとっては心地よい温かさかもしれません。

 リラックスするためにも、就寝前に首元や肩を温めることは効果的です。冷え込む今の時期、こうしたグッズを上手に活用しましょう。

 

(2017.01.27)



産経新聞掲載記事『比べる×調べる』

 

美容科学研究室